プライバシーマーク

ブランデーの【熟成】とは?お酒の【初心者向け】に解説

ブランデーに欠かせない熟成。熟成させる年数によって、「VSOP」や「XO」など、ブランデーのランクが決まります。
他にも、ブランデーが熟成することで、琥珀色に変わったり、天使の分け前などが起きたりもします。
今回の福ちゃんコラムでは、ブランデーの熟成に関する豆知識を、初心者の方でもわかりやすいよう丁寧にご説明します。
読んでおいて損はしない役立つ知識ですので、ぜひ最後までお読みください。

ブランデーの熟成とは

ブランデーの熟成とは、蒸留されたブランデーの原酒を樽の中で長期間、保管することをいいます。
蒸留したてのブランデーは無色透明で、アルコール度数は驚くべきことに約70%もあります。
ビールのアルコール度数は5%ですから、いかに高い数字かがわかりますね。

ブランデーは樽で長期熟成させることにより、美しい琥珀色に変わり、アルコール度数も40%程度に落ち着くことで、飲みやすいブランデーへと変化します。

ここからは、そんなブランデーの熟成に関する豆知識をお伝えしていこうと思います。

ブランデーの熟成年数

ブランデーの熟成年数は、ブランデーによって実に様々です。
多くのブランデーでは、自社のブランド価値に合わせて、様々な熟成年数の樽からブランデーを調合して作ります。

市場に流通しているブランデーは、樽で1年~12年ほど熟成させたものが最も多いですね。
中には15年や25年、さらに30年を超えて、50年熟成された原酒を使ったブランデーも存在します。

調合されたブランデーの原酒の中で最も若い熟成年数によって、「VSOP」や「XO」といった、ブランデーのランクが決まるようになっています。

▼ブランデーのランクについては、下記の記事も合わせてご覧ください。
ブランデーの「VSOP」や「XO」など種類の違いについて

ブランデーの熟成は瓶の中でも起きる?

ブランデーは蒸溜所で長期間、樽の中で熟成させてから出荷されます。
熟成するのはあくまでも樽に入っている状態の時になるので、瓶詰めされた後のブランデーで熟成が進むことはありません。

理由としては、熟成中の樽の中で様々な化学変化が起きることで、生産者が意図する理想のブランデーが完成するからです。

しかし、この考え方には賛否両論が多く出ているのも事実です。

瓶詰めされたブランデーの中で水とエタノールが馴染んで、樽での熟成とは違ったまろやかな味わいになるという声も少なからずあります。
このように味わいが変わることを”熟成”とするのか、”変質”とするのかは各個人の捉え方にもよるため、賛否両論がたくさん出ているわけですね。

しかし、ブランデーの生産者が意図していない瓶の中での味わいの変化ついては、熟成ではなく変質、もしくは劣化とも言えるでしょう。

ブランデーの熟成中に起こる変化

ブランデーを樽で熟成させていると、樽の中でいくつかの変化が起きます。
例えば、香りの変化、アルコール度数の変化、琥珀色への変化などが挙げられますね。

さらに、樽の中では”天使の分け前”と呼ばれる現象が起きることでも有名です!

以下より、琥珀色への変化と天使の分け前に関して、詳しくご紹介します。

琥珀色への変化

蒸留したてのブランデーは無色透明ですが、みなさんが普段目にしているブランデーは琥珀色をしていますよね。なぜそうなるか、おわかりでしょうか?

勘のいい方は既にお気づきかもしれませんが、樽でブランデーを熟成させていると、中の成分が分解・溶出されます。樽材の成分がどんどん溶け出し反応することで、樽の中にある原酒は琥珀色へと変化します。

つまり、ブランデーのあの色は樽の木材の色だったというわけです。熟成期間が長くなれば長くなるほど、樽の成分がより多く溶けていきますので、より濃い琥珀色のブランデーが生まれます。

天使の分け前

結論から先にお伝えすると、「天使の分け前」とは、とある自然現象のことをいいます。

ブランデーに限ったことではありませんが、熟成に使う樽は完全密閉ではないため、貯蔵期間に応じて樽から原酒が揮発していきます。
熟成させる地域の湿度なども影響しますが、ブランデーの場合、一般的に酒樽に詰められた量の年間2~3%前後が減少。

昔の人たちは、「天使に分け前を取らせているからこそ、美味しいお酒を手に入れることができている」と考えていたため、このように樽から自然に減ったお酒のことを「天使の分け前(エンジェルズシェア)」と呼んできました。

ウィスキーを人に見立てた表現をすると、「原酒が静かに空気を吸って呼吸する」ことで内部のアルコールや水分などの揮発成分が吐き出され、樽から少しずつ原酒が減っていきます。

天使の分け前が起きることでエタノールが揮発し、アルコール度数が弱まります。その結果、味はまろやかで香り深い、人々に飲まれやすいブランデーが誕生するわけですね。

毎年樽から2~3%前後の原酒が減ってしまいますが、天使の分け前は品質の高いブランデー作りには欠かせない重要なものになっています。

ブランデー買取なら「福ちゃんへ」

お酒買取の福ちゃんでは、ブランデーの高価買取には絶大な自信があります!
ブランデーの熟成具合に関わらず、無料で査定させていただきます。
「このブランデー売れるかな?」と思ったら、迷わず福ちゃんにご相談ください。
お客様の大切な想いが宿ったウィスキーを、1点1点大切にお買取いたします。
どんな内容の買取相談でも結構ですので、お気軽に福ちゃんまでお問い合わせください。

お酒の高価買取お酒の高価買取
ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
< 前の記事「お酒買取」記事一覧次の記事 >