【切手】みほん切手 産業図案/立太子礼記念 計7点 を買取いたしました|【買取福ちゃん】 FUKUCHAN

切手買取レポート

2023/8/8

【切手】みほん切手 産業図案/立太子礼記念 計7点 を買取いたしました

  • 千葉県
  • 50歳代
  • 女性
【切手】みほん切手 産業図案/立太子礼記念 計7点を買取いたしました

【切手】みほん切手 産業図案/立太子礼記念 計7点

今回は「古い見本切手があるから査定してほしい」というご依頼を受け、千葉県千葉市に出張させていただきました。お品物は「産業図案切手」「立太子礼記念切手」などの“みほん切手”7種です。
みほん切手(見本切手)とは発行を知らせる展示用、または切手の真偽を判別するため郵便局・印刷局向けに発行されたものです。戦前のものは「見本」と漢字表記で、戦後のものは「みほん」とひらがな表記で記載されています。
今回のご依頼主は、50代の女性です。「相見積もり中のため金額によっては即決したい」と仰っていたこともあり、満足のいく査定、そして他店に負けない価格の提示を目指し対応させていただきました。

今回お買取の切手について

今回は千葉県にお住まいのお客様より出張買取のご依頼を受け、“みほん切手”の査定をさせていただきました。みほん(見本)切手とは、正式に発行される以前、発行を知らせるために製造される展示用の切手です。切手の真偽を判別するため、郵便局や印刷局向けに発行されたものもそのように呼ばれます。

今回見させていただいたのは大正時代以降に発行された“みほん切手”で、『産業図案切手』『立太子礼記念切手』など計7種類がありました。

いずれも、若干の黄ばみはあったものの状態はおおむね良好であったため、高価買取となりました。

切手の入手経緯・買取に出されたきっかけについて

今回見させていただいた“みほん切手”は、亡くなったお父様のものなのだそうです。

しかし、特にアルバムなどにまとめられた形跡もなく、これ以外に珍しい切手を保管している形跡もなく、「父がこれをどこから入手したのか、何の目的で持っていたのか不明なのですが……」とおっしゃっていました。

そんな“みほん切手”を買取に出すことにした理由についてお伺いしたところ、「表に“みほん”と印刷してあるのが変だなと思って調べてみたら、珍しい切手だということがわかって……もしかしたら高く売れるんじゃないかと家族で盛り上がったんです」とおっしゃっていました。

「福ちゃん」を選んでいただいた理由について

切手を買取に出すにあたって「福ちゃん」を選んでいただいた理由についてお伺いしたところ、「切手を扱っている業者さんのホームページをいろいろ見ていたら、『福ちゃん』は珍しい切手をたくさん買い取っていらっしゃったので……」とのことでした。

「福ちゃん」の切手買取をご利用になられてのご意見とご感想

今回、実際に「福ちゃん」の買取サービスをご利用になられたうえでのご感想などをお伺いしたところ、「もしかしたらとは思っていましたが、本当に高い値段が付いたので、私だけでなく家族みんなで驚いています」とのお言葉をいただきました。

また、「査定士さんが切手に詳しい方で、査定の合間にいろいろ面白い話も聞けて楽しかったです」とのお言葉もいただいています。

このたびは「福ちゃん」の買取サービスをご利用いただき、ありがとうございました。

福ちゃんのオペレーティングスタッフ

福ちゃんでは、丁寧な査定を心がけております。売りたい・譲りたいお品物があるという方はぜひご相談だけでもお待ちしております。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。