【 感染対策について 】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

切手買取体験談 カテゴリー の記事一覧|買取福ちゃん

切手買取体験談

切手買取体験談福ちゃんの切手買取体験談ページです。 切手の買取は実績が豊富な福ちゃんにお任せください。 切手に精通した査定士が、「普通切手」「記念切手」「特殊切手」「中国切手」など様々な切手を幅広く買取いたします! 査定は無料。お気軽にお問合せください。

切手買取体験談

2022/7/10

文化大革命時代の【中国切手】をまとめて買取いたしました

  • 大阪府
  • 60歳代
  • 女性
文化大革命時代の【中国切手】をまとめて買取いたしました

【中国切手】まとめ

今回お買取したのは、中国の文化大革命時代に発行された切手が納められた切手アルバムです。文化大革命(文革)とは1966年から約10年間にわたって行われた政治運動のことをさします。日本が切手収集ブームの全盛期を迎えていたこの頃、中国では一般市民が収集目的で切手を購入することは固く禁止されていました。当時は手紙を出すことすら困難という社会情勢であったため、文革時代の切手は消印付きであってもプレミアが付くといわれています。

そんな希少価値の高い中国切手ですが、今回の依頼主より「売却を検討している」とご連絡をいただき、出張査定をさせていただくことに。

「値段を聞いたうえで相見積もりも検討する」とおっしゃっていたため、福ちゃんがモットーとしている「お客様ファースト」「他店に負けないお値段」を徹底し、査定を実施しました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/7/9

【中国切手】文3 文芸講話切手を買取いたしました

  • 愛知県
  • 40歳代
  • 女性
【中国切手】文3 延安「文芸講話」発表25周年 3種完 を買取いたしました

【中国切手】文3 延安「文芸講話」発表25周年 3種完 中国人民郵政/1967年

今回お買い取りした切手は高価買取の対象となる「中国切手」の中の『延安文芸講話発表25周年切手』(以下、「文芸講話切手」)です。

「講話の一説」2種、「宣伝隊」1種の全3種構成となっている切手で、今回は3種類すべて揃った状態、しかも未使用品でご売却いただきました。
今回の切手は「文化大革命時代の切手」ということもあり、大変希少な切手です。1枚だけでも高価買取は間違いないとされている切手が3種類すべて揃っているということは非常に稀なこと。今回はそんな文芸講話切手のご売却を検討されているというお客様のご自宅に出張させていただくことになりました。

「切手には詳しくない」「買取は初めて」とおっしゃっていた依頼主。
福ちゃんに依頼してよかったと思っていただけるよう「お客様ファースト」を徹底し、この切手の価値についてもご理解いただきたいという気持ちで査定に臨みました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/7/8

昭和時代の日本切手をまとめて買取いたしました

  • 岡山県
  • 70歳代
  • 男性
日本切手 まとめ

【日本切手】まとめ 航空/ビードロを吹く娘/国立公園/日本橋/平和記念/立太子礼 他 バラ

今回お買い取りした商品は昭和時代に発行された切手を中心とするバラ切手です。切手趣味週間の人気商品『ビードロを吹く娘』『立太子礼記念切手』や航空切手、国際文通週間シリーズなど、切手コレクター必見のお品物が数多く揃っていました。
かつて一世風靡した切手収集ブームは昭和30年から50年ころが全盛期とされており、この時代は世代を問わず多くの人々が郵便局に足を運びました。収集された切手は切手アルバムなどに収められ、コレクションされます。人によって集め方、好きな切手の種類が異なるのが切手収集の面白さだといえるでしょう。今回、依頼主の方より「昔の切手を買い取ってほしい」とご連絡をいただき、出張させていただくことに。思い出のお品物をご売却されるということへの配慮、そして他店に負けないお値段を意識してお伺いしました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/7/7

【年賀切手】しめ縄切手(昭和13年)を買取いたしました

  • 埼玉県
  • 60歳代
  • 男性
【年賀切手】しめ縄切手(昭和13年)を買取いたしました

【年賀切手】昭和13年 しめ縄 100枚×1シート +30枚

今回お買取した商品は昭和13年に発行された年賀切手です。それも、100枚綴り1シート(一枚も切り離されていない状態)と、30枚綴り1シートの2セットでございます。昭和11年から発行がスタートした『年賀切手』は、年賀はがきが主流になったことで利用者数が激減したとされていますが、切手愛好家たちのなかでは発行開始直後から昭和30年までの年賀切手は非常に重宝されており、福ちゃんでもお買取には力を入れています。
そんな年賀切手の査定をしてほしいとご連絡をいただき、今回は埼玉県に出張査定を行うことに。依頼主のお客様は「切手の買取は初めて」「まずは値段を聞いてから検討したい」ということだったので、切手の買取に自信がある福ちゃんならではの「買取価格」そして、「親切・丁寧な対応」を心がけお伺いしました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/7/7

【普通切手】 竜文切手 4種 8点セット を買取いたしました

  • 千葉県
  • 40歳代
  • 女性
竜文切手 4種 8点セット を買取いたしました

【普通切手】 竜文切手 4種 8点セット

今回お買い取りした商品は『竜文切手』です。
4種類×2、合計8枚となる状態でご売却いただきました。『竜文切手』は日本の郵便切手第一号として発行された切手です。
額面は「文」で、その周りを竜が縁取っている様子からこのように呼ばれています。
発行は1871年(明治4年)で、86万枚が製造されたといわれていますが、「郵便切手を貼って手紙を出す」ということが一般市民に浸透していなかったということもあり、残存するものはそう多くありません。非常に希少価値の高い竜文切手ですが、今回依頼主の方より「売りたい」とご連絡をいただき出張査定をさせていただくことに。お申込みの段階では「他店にも依頼している」ということだったので、他店に負けない価格を提示すること、そしてお客様の気持ちに寄り添った買取を目指し、査定をさせていただきました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/3/9

【大正銀婚】切手シートを買取いたしました

  • 東京都
  • 60歳代
  • 女性
【大正銀婚】切手シートを買取いたしました

【記念切手】大正銀婚 切手シート 20銭 50面シート

今回は切手の出張買取のご依頼を受け、東京都武蔵野市にあるお客様のご自宅にお伺いしました。見させていただいたのは、1925年(大正14年)に発行された『大正天皇銀婚記念切手』です。
当時、大正天皇ご夫妻が銀婚を迎えられた記念に発行された切手で、額面は「1銭5厘」「3銭」「8銭」「20銭」という4種類がありました。いずれも発行数に限りがあったこともあって希少性が高い切手であり、状態にもよりますが、高価買取が期待できます。実際に目にする機会があまり多くない切手ということもあって、期待に胸をふくらませつつお伺いさせていただきました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/3/9

【赤十字条約成立75年】記念切手を買取いたしました

  • 福岡県
  • 30歳代
  • 女性
【赤十字条約成立75年】記念切手を買取いたしました

【記念切手】赤十字条約75年 10銭 50面シート

今回お買取したお品物は「赤十字条約成立75年記念切手【10銭】」です。切り離しが一切ないシート状の美品をご売却いただきました。
「苦しんでいる人は敵・味方と区別せずに救護する」という世界共通の条約を定めている赤十字国際委員会。

日本が加入したのは1886年(明治19年)のことで、今回の切手は赤十字結成75周年を祝うものです。この記念切手には、2種類の絵柄が採用されています。ひとつは「地球と赤十字」で、もうひとつは日本赤十字社の創始者・佐野常民氏の肖像画です。佐野氏は赤十字の創始者アンリー・デュナンの信念を日本に継承した人物として、国内外問わず高い評価を得ています。また、切手の額面は「2銭」「4銭」「10銭」「20銭」の4種類です。今回の切手は10銭で、赤い「地球と赤十字」柄が特徴となっています。

今回は、ご依頼主から「古い切手が出てきたから査定してもらいたい」とご連絡をいただきました。
「切手のことはよくわからないから、詳しい人に任せたい」ということであったため、切手の価値をしっかりお伝えするとともに、「納得」「丁寧」を心がけた査定を意識しました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/3/6

【中国切手】バラ切手をまとめて買取いたしました

  • 大阪府
  • 70歳代
  • 女性
【中国切手】バラ切手をまとめて買取いたしました

【中国切手】中国のバラ切手 まとめ

今回は大阪府堺市に出張し、中国切手のコレクションを査定させていただきました。アルバム2冊分に及ぶコレクションとのこと。中国切手は近年、特に価値が高まっており、物によってはプレミア級の価格が付くものもあります。今回、見せていただくコレクションの中にも、そのようなものがあるのではないかと考え、期待に胸をふくらませつつ伺わせていただきました。ご依頼主は、70代の奥様でした。亡きご主人が遺されたコレクションを売却したいとのお考えで、今回は福ちゃんにご依頼をいただいたとのことでした。ご主人が大事に保管されていたお品物であるということをお聞きしていたので、大切に扱い、しっかり査定を行うことを心がけました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/3/2

【帝国議会議事堂竣工】 記念切手を買取いたしました

  • 大阪府
  • 60歳代
  • 男性
【帝国議会議事堂竣工】 記念切手を買取いたしました

【帝国議会議事堂竣工】 記念切手 50面シート 2種

今回お買取したお品物は「帝国議会議事堂竣工記念切手」です。切り離しが一切ない状態を2種類お譲りいただきました。こちらの切手は、現在の「国会議事堂」が完成した1936年11月に発行されました。額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭の4種類、緑・紫・赤・青の単色刷りとなっています。

今回、依頼主から「帝国議会議事堂竣工記念切手は売れないですよね?」とお問い合わせをいただきました。実はこの切手、発行枚数が多いことや残存数が多いことからネット上では「値段が付きにくい」「プレミアでない」と紹介されていることもあるのです。

しかし、切手の状態によっては高価買取が可能になるケースもあるため、実物を査定させていただくことになりました。依頼主のご要望は「値段を知りたい」「需要があるなら手放したい」ということだったため、他店に負けない値段、丁寧な対応を心がけて査定に臨みました。

続きを読む

切手買取体験談

2022/3/2

【中国切手】黄山風景シリーズを買取いたしました

  • 愛知県
  • 70歳代
  • 男性
【中国切手】黄山風景シリーズを買取いたしました

【黄山風景シリーズ】特57 16種完

今回、査定させていただいたのは中国切手です。中国切手といえば、切手の世界で指折りの価値を誇る『赤猿』をはじめ高価買取が期待できるお品物が多数ありますが、今回の切手は『黄山風景シリーズ』と呼ばれる一連の特殊切手です。
中華人民共和国の東部に位置する安徽省にある「黄山(こうざん)」という地域の風景を絵柄に採用したもので、水墨画風のタッチで描かれ、美しく彩色されている点が特徴として挙げられます。
ご依頼主は、70代の男性。コレクションの一部を処分したいとのことで、出張査定のご依頼を受けました。今回、買取業者に査定を依頼するのは初めてということだったので、査定の流れから丁寧に説明しつつ、しっかり進めていくことを心がけました。

続きを読む