プライバシーマーク

古紙幣買取なら【福ちゃん】へ!価値に見合った買取価格をご提示します。

古紙幣買取
 

古紙幣買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を。

古紙幣といえば古銭の中でも皆さまと一番馴染みがある古銭ですね。発行されたのも明治以降と最近なので、ふとした拍子に家から見つかったりします。硬貨と違い、古いお札は本当にきっちりと保管していないと劣化が進んでいきます。

古紙幣は状態の良し悪しが買取金額に関係する事が多いです。もし見つかったお札を売ろうとお考えでしたら、良い状態の間に査定に出す事をおすすめします。

買取実例

古紙幣の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

  • 軍用手票などまとめて
    千葉県
    店頭買取

    古紙幣軍用手票などまとめて

    買取価格 ¥35,000

    軍用手票などの古紙幣を大量にまとめてお買取りをさせていただきました。
    親族の方が長い年月、箪笥に仕舞い込んでいたままだったとのお話でしたが、大きなダメージなども少なく美品の紙幣が多くございました。

  • 菅原道真 五圓札 不換紙幣
    熊本県
    宅配買取

    古紙幣菅原道真 五圓札 不換紙幣

    買取価格 ¥6,300

    菅原道真の五圓札をお買取りさせて頂きました。
    親戚の方から譲り受けてから大切に保管されていたそうですが経年による汚れや折れなどのダメージが少々ございますが古紙幣の中ではコンディションは良好でした。

ご売却をご検討中なら
お問合せください!
有名な古紙幣をご紹介

古紙幣の中でも価値が高いと言われている紙幣をご紹介させていただきます。また一覧でご紹介されていない古紙幣でも買取可能な古紙幣もありますので、お気軽にお問合せください。
※一覧の古紙幣でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

  1. 明治通宝

    明治通宝

    明治通宝(めいじつうほう)は明治時代の初期に発行された紙幣で、初めての西洋印刷技術で印刷された政府紙幣として有名で、現存数が少ないと言われている100円紙幣は希少価値が高いと言われています。1899年に明治通宝の役割は終わりました。

  2. 旧国立銀行券

    旧国立銀行券

    旧国立銀行紙幣(きゅうこくりつぎんこうしへい)は1872年(明治5年)に発行された紙幣です。明治の紙幣には兌換紙幣と不換紙幣と2種類あり、兌換紙幣の紙幣の方が旧国立銀行券となります。額面が低くなるにつれて発行枚数が多くなっています。

  3. 新国立銀行券

    新国立銀行券

    新国立銀行券(しんこくりつぎんこうけん)は明治の1876年(明治9年)に発行された紙幣で、旧国立銀行紙幣と違うのは兌換紙幣の後に発行された不換紙幣である事です。明治32年12月には新、旧ともに国立銀行券は通貨として役割を終了しました。

  4. 改造紙幣

    改造紙幣

    改造紙幣(かいぞうしへい)は1881年(明治14年)から発行された紙幣で、偽造防止のため神功皇后の肖像画がデザインされ、日本で肖像画が描かれた紙幣が発行されたのは初となりました。改造紙幣は破損しやすく、明治32年まで使用できました。

  5. 日本銀行兌換銀行券

    日本銀行兌換銀行券

    日本銀行兌換銀行券(にほんぎんこうだかんきんこうけん)とは1885年(明治18年)に発行された、同額の銀貨と交換することが出来る兌換紙幣です。1円、5円、10円、100円の中で100円は希少と言われています。昭和17年まで使用できました。

  6. 改造兌換銀行券

    改造兌換銀行券

    改造兌換銀行券(かいぞうだかんぎんこうけん)は1889年(明治22年)に発行された、日本書紀などに伝わる古代日本の人物などがデザインされた紙幣です。確認された例が少ない百円札は希少性が高い紙幣と言われています。

  7. 甲号、乙号兌換銀行券

    甲号、乙号兌換銀行券

    甲号、乙号兌換銀行券は明治末期から昭和にかけて発行されました。各額面の紙幣には和気清麿など、昔の貴族が描かれています。乙号兌換銀行券五円は菅原道真と光を当てると透かし絵「大黒」が浮かび上がるようデザインされていて希少性は高いです。

  8. 大正兌換銀行券

    大正兌換銀行券

    大正兌換銀行券(たいしょうだかんぎんこうけん)は1915年頃に発行された紙幣で、第一次世界大戦の影響で経済活動が活発になったことによる影響で、以前から発行されていた紙幣よりも額面の大きいお札を用意した事が始まりでした。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

お客様に合わせた3つの買取方法

福ちゃんにはこれまでに多くの
古銭を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの古銭の買取価格を実現しています。

古銭の種類別の買取実績

古紙幣とは?

古紙幣とは?

古紙幣の歴史や価値をご紹介いたします

現行の紙幣は1万円札と5千円札、千円札の3種類が基本で、2000年に発行された2千円札も使用可能な紙幣として流通しています。
一方、かつては500円札や100円札、1円札、また現在では貨幣単位として使用されていない1円未満の50銭札など、さまざまな紙幣が発行され、使用されてきた歴史があります。古紙幣とは、そのような「かつて発行されていた紙幣」を指します。
現在ではショッピングなどで使用することはできないものの、歴史学的な価値とともにコレクションアイテムとしての価値を持っています。

古紙幣の歴史

古紙幣の歴史

日本で間違いなく存在した紙幣と歴史的に認められているのは、江戸時代初期に現在の三重県伊勢市で発行されていた「山田羽書」です。
当時、徳川幕府が発行していた銀貨「丁銀」と同等の価値を持つと保証された書付で、伊勢神宮の門前町として賑わったエリアで使用されたのを皮切りに、各地に広まりました。とはいえ、あくまで伊勢やその近隣の一部で流通したものであり、日本全国で通用するというものではありませんでした。
また、江戸時代の半ばには各藩が慢性的な財政難を解消するために「藩札」を発行するようになりましたが、こちらも自藩の領土だけで使用できるものでした。

全国一律の紙幣として初めて登場したのは、「明治」という年号が定まる数ヶ月前の慶応4年(1868年)5月に発行された「太政官札」です。
しかし、時代の急激な変化に多くの人がなじめなかったこともあってすぐに廃止されています。紙幣が一般に定着したのは明治3年(1870年)以降のことでした。

明治3年、貨幣の単位として「円」が考案されてから初めて発行された「明治通宝」を皮切りに、明治政府は長持ちするもの、なおかつ偽造しづらいものを製造するために、試行錯誤をくり返しながらさまざまな紙幣を発行しました。
「明治通宝」に代わる紙幣として発行された「改造紙幣」や、「兌換銀行券」といった紙幣があります。
兌換銀行券とは、額面と同等の価値を持つ金貨・銀貨と交換可能な紙幣を指します(たとえば1円札は1円金貨と交換可能)。金や銀の確保が難しくなったこともあって廃止された紙幣です。
また、現在では日本銀行のみが貨幣の発行を担っていますが、明治の半ばまでの時期にはさまざまな国立銀行がそれぞれ紙幣を発行していました。
そんな事情もあって、額面は同じでも発行銀行名が異なる「国立銀行券」が古紙幣として見られます。

価値ある古紙幣とは?

価値ある古紙幣とは?

古紙幣が高価買取の対象となるのは、現在発行されている紙幣に比べて発行数が少なく、希少価値を持つためです。
たとえば、「明治通宝」はドイツに印刷を依頼した紙幣ですが、紙質が高温多湿の日本に合わずすぐに劣化してしまうこと、また頻繁に偽札が出回ったこともあってあまり長くは使用されませんでした。
丈夫な和紙を素材とし、偽造しにくい緻密な肖像(日本神話に登場する神功皇后の肖像)を印刷した「紙幣」(1円未満は肖像なし)は明治通宝に代わる紙幣として発行されたものですが、こちらも発行後10年ほどで廃止されています。

また古紙幣は、希少価値の高さに加えて状態の良しあしも買取額に直結します。
すでに書いたように、たとえば明治通宝は劣化しやすい洋紙の紙幣であり、保管には注意する必要があります。また改造紙幣も、特に肖像が印刷されているものはインクが薄まる現象を防ぐことが欠かせません。

保管の具体的なポイントは、太陽光などにさらさないようにすることと、酸化を防ぐことにあります。
酸化とは文字通り酸素に触れて変化することであり、特にインクが薄まる原因になります。外気になるべく触れないよう、密閉性の高い透明ビニールページにはさみ込む「紙幣ホルダー」などを使用すると、しっかり保管できるでしょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

お客様に合わせた3つの買取方法

トップへ戻る