プライバシーマーク

小判・大判買取なら高価買取に自信のある【福ちゃん】へ

小判・大判買取
 

小判・大判買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を。

大判や小判は発行枚数は勿論ですが、その確認されている残存枚数でも買取価格が大きく違います。骨董品の価値をきちんと鑑定できる福ちゃんだから、大判小判の買取には自信があります。
「天保大判」「天保小判」「佐渡小判」「万延小判」「元文小判」などの大判・小判の骨董的価値をしっかりと鑑定し高価買取いたします。買取事例にないもののお取り扱いもございますので、お問い合わせください。

買取実例

小判・大判の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

  • 天保小判金 3点セット
    埼玉県
    宅配買取

    小判天保小判金 3点セット

    買取価格 ¥282,000

    ご自宅でご家族が保管されていたとの事ですが、今後保管していくのが困難とのお話をいただき、福ちゃんでこちらの希少な天保小判金をお買取りさせていただきました。代々保管していたけれど、保管しきれない小判・大判などございましたらご相談からでもお問い合わせください。

  • 元文小判金 組合鑑定書付き
    京都府
    宅配買取

    小判元文小判金 鑑定書付き

    買取価格 ¥152,000

    ご趣味で収集されていた小判のひとつ、元文小判金のお買取りをさせていただきました。こちらは鑑定書もついており、比較的美品の小判金でした。福ちゃんでは小判・大判の買取では鑑定書など特になくてもお買取り可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ご売却をご検討中なら
お問合せください!
有名な小判・大判をご紹介

小判・大判の中でも価値が高いと言われている小判・大判をご紹介させていただきます。また一覧でご紹介されていない小判・大判でも買取可能な小判・大判もありますので、お気軽にお問合せください。
※一覧の小判・大判でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

  1. 慶長大判

    慶長大判

    慶長大判(けいちょうおおばん)とは1601年慶長6年より発行された大判です。大判は一般流通用の通貨ではなかったため贈答用や主君が武士に物品の授与としての大判であったとされ、慶長大判の鋳造は約16,565枚といわれています。

  2. 万延大判

    万延大判

    万延大判(まんえんおおばん)とは1860年、万延元年に発行された大判です。この大判は通貨としての目的もあり、表は花押と呼ばれる署名と墨書がされています。万延大判は新大判とも呼ばれ鋳造量は17,097枚といわれています。

  3. 天保大判

    天保大判

    天保大判(てんぽうおおばん)は1838年天保9年より鋳造された大判です。表面は花押と墨書されており流通貨幣として使われていました。鋳造量は1,887枚発行、鋳造数としては少ないはですが市場には多く出回っておりさらに偽物も存在します。

  4. 天正大判

    天正大判

    天正大判(てんしょうおおばん)は1588年天正16年から鋳造されたとされています。
    天正大判は天正菱大判、天正長大判、大仏大判と3種類が知られています。3種類とも大変希少性の高い大判です。

  5. 享保大判

    享保大判

    享保大判(きょうほうおおばん)は1725年、享保10年より1837年天保8年までと長い期間、鋳造された大判です。大判の表面の墨書が6種類存在しており、価値がそれぞれに違います。享保大判の鋳造量は8,515枚です。

  6. 元禄小判

    元禄小判

    元禄小判(げんろくこばん)とは1695年元禄8年から鋳造されました。小判の中でも金の含有量が少ない事から品質の良くない金貨として当時は溶かされてしまう事も多く、現在残る元禄小判は数が少ないとされています。鋳造枚数は約30,000枚。

  7. 天保小判

    天保小判

    天保小判(てんぽうこばん)は1837年天保8年から鋳造された小判です。別名として天保金(てんぽうきん)保字金(ほうじきん)保字小判(ほうじこばん)とも呼ばれています。希少性も高く偽物も出回っているため買取には目利きがひつようです。

  8. 慶長小判

    慶長小判

    慶長小判(けいちょうこばん)は1601年、慶長6より鋳造された小判です。
    慶長小判は初代江戸小判で希少性も非常に高い小判となっています。
    表面には茣蓙目と桐紋と扇が刻まれています。

  9. 享保小判

    享保小判

    享保小判(きょうほうこばん)は1714年、正徳4年に鋳造された小判で、一両としての額面を持っており、別名、享保金(きょうほうきん)とも呼びます。慶長小判と似ていますが慶長小判より花押が小さく、鋳造枚数は8,280,000枚発行されました。

  10. 万延小判

    万延小判

    万延小判(まんえんこばん)とは1860年、万延元年に鋳造が開始された小判です。また新小判(しんこばん)雛小判(ひなこばん)とも呼ばれており、江戸時代で最後に発行された小判となります。鋳造枚数は625,050と多く発行されました。

  11. 元文小判

    元文小判

    元文小判(げんぶんこばん)は、1736年、元文元年に鋳造が始まった流通用の小判です。また古文字小判(こぶんじこばん)真文小判(しんぶんこばん)とも呼ばれました。約90年ほど流通した小判ですので現在に残っている数も多い小判です。

  12. 文政小判

    文政小判

    文政小判(ぶんせいこばん)は1819年文政2年より鋳造された小判です。新文字小判(しんぶんじこばん)、草文小判(そうぶんこばん)とも呼ばれます。裏の右上「文」の文字は元文小判と区別するため草書体で打印されています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
古銭を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの古銭の買取価格を実現しています。

古銭の種類別の買取実績

小判・大判とは?

小判・大判とは?

小判・大判の歴史や価値をご紹介いたします

小判は、主に江戸時代に流通していた貨幣です。
額面は1枚で「1両」であり、江戸時代半ばの最も政治・経済が安定していた頃には10万円相当の価値があったといわれています。小判が1000枚入る千両箱にぎっしり詰めたとしたら、約1億円にのぼる計算です。
1枚あれば、米1~3石(約150~450kg)を賄うことができたといわれています。庶民にとっては大金であり、買い物などで気軽に使用していたのは武士や富裕な商人といった人々であったようです。

ちなみに、昔話をモチーフにした童謡『花咲かじいさん』の歌詞には「大判小判がザックザク」という部分がありますが、江戸時代には実際、小判よりもひと回り大きな「大判」と呼ばれる貨幣が発行されています。
こちらは現在でいうところの「金の延べ棒」のようなものであり、戦国時代には各大名家で贈呈用に製造され、江戸時代に入ってからは主に徳川幕府から大名に贈られる恩賞に使用されました。

これらの「大判小判」は現在、歴史的な価値とともにコレクションアイテムとしての価値も持つ品となっています。特に高価な小判なら1枚で数百万の高値がつくこともあります。

小判の歴史

小判・大判の歴史

日本全国の貨幣単位が統一された江戸時代、250年以上の歴史の中で10種類の小判が徳川幕府から発行されました。
「慶長小判」「元禄小判」「万延小判」など、現在では小判が発行された年号で呼ばれています。
金、銀の採掘量が減ったり経済が停滞したりした時代もあったことから、小判によってはサイズが著しく小さいもの、純金の含有量が低いものもありました。たとえば、江戸時代末期に発行された「万延小判」は、初期に発行された「慶長小判」と比べて2分の1以下のサイズとなり、純金の含有量もかなり少なかったといわれています。

そんな小判は、明治に入って文明開化を迎えたことにより廃止。「両」をはじめ「分」「朱」「匁」といった貨幣単位は「円」「銭」「厘」へと変わり、小判はコインや紙幣にとって代わられることになります。
るようになり、明治時代にはヨーロッパ諸国の貨幣システムにならった「1圓金貨」や「5圓金貨」が発行されるようになります。

このような歴史をたどった金貨は現在、すでに書いたように記念硬貨や地金型金貨として日本を含む世界各国で製造されています。

価値ある小判とは?

価値ある小判・大判とは?

小判の価値は、特に江戸時代初期に発行されたものが高い価値を持つというのが一般的な傾向です。
時代を経るごとにサイズが小さく、純金の含有量が少なくなっていること。徳川幕府が、昔の大きな小判をつぶして小さな小判に直すことで金の不足を補っていたため、数が少なくなり、希少価値が高まったこと。以上のような理由で、「初期の小判の価値が高い」という傾向が強まっています。
特に価値が高いとされているのは、以下の2種類です。

●慶長小判
徳川家康が天下を取るきっかけになった「関ヶ原の戦い」から1年後、慶長6年(1601年)に発行されたのが慶長小判です。徳川幕府はこの小判をもって日本全国の貨幣を統一しました。
江戸時代に発行された10種類の小判のうち最も純金の含有量が多いこと、希少価値が高いこともあって高価買取の対象となっています。

●元禄小判
慶長小判に次ぐ小判として、元禄8年(1695年)に発行されたのが元禄小判です。
戦乱の時代が去って数十年、カラフルで派手な町人文化が栄えた時代でしたが、一方で徳川幕府は深刻な財政難を迎えていました。さらに流通する慶長小判の多くが破損し、修繕を必要とする状態になっていたこともあって、新たな小判として元禄小判が発行されることになりました。
15年程度しか使用されなかったこともあって、希少価値は10種類中最も高い部類に入ります。

以上の2種類を含む小判は、「小判である」というだけでも価値を持ちますが、買取査定の際には状態の良しあしも考慮されることになります。
・金属の変色、汚れを防ぐために外気を遮断する真空パックで保管すること。
・純金は柔らかく繊細なので、汚れがある場合も無理にこすったり磨いたりしないこと。
保管の際には、このようなポイントを押さえていただければと思います。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る