【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 「トケマッチ」未返却時計について 】
時計シェアリングサービス「トケマッチ」未返却時計に関して詳しくは『「トケマッチ」未返却時計について』をご確認ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

銀貨買取なら【福ちゃん】へ!価値に見合った買取価格をご提示します。

銀貨買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

銀貨買取

銀貨売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

銀貨買取店
お探しなら

銀貨買取
丁寧、安心対応の
福ちゃんでご満足いく買取を

基本的に銀貨の買取価格はその時の【銀の買取相場】×【重量】に【コレクター価値】などが上乗せされた金額になります。
額面がある銀貨は銀行で額面通りの価格で引き換えすることが可能です。
しかしコレクター価値などを考慮すると額面以上の価格で取引される銀貨も数多くある為、ご売却をお考えの方は一度は査定依頼されたほうがいいと思います。

買取実例

銀貨の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

記載されている買取価格について

記載している買取価格は過去の買取実績を元にした参考買取価格で、買取価格を保証するものでございません。お品物の状態、発行年度、付属品の有無、在庫状況、現在の相場などにより同名のお品物でも、実際の買取価格が大きく変動する場合がございますので予めご了承下さい。

  • 中国純銀プルーフ貨幣 シルバーパンダ 銀貨
    奈良県
    出張買取
    買取日:2023/11/29

    銀貨

    中国純銀プルーフ貨幣
    シルバーパンダ 銀貨

    買取価格148,000

    お買取りさせて頂いたのはパンダ銀貨で、付属品も揃いケースに入っていたため銀貨自体は美品でした。大変希少なプルーフ銀貨でコレクターの間でも人気のシルバーパンダです。

  • 地方自治法施行60周年記念 千円プルーフ銀貨幣 47都道府県
    埼玉県
    出張買取
    買取日:2023/11/27

    銀貨

    地方自治法施行60周年記念
    千円プルーフ銀貨幣 47都道府県

    買取価格260,000

    専用ケースに入った地方自治法施行60周年記念千円プルーフ銀貨幣、47都道府県コンプリートでお買取りさせていただきました。コンディション良好!美品のこちらの銀貨は、お値段相場よりも頑張らせていただきました。

  • 古銭 中華民国 台湾省 伍角
    大阪府
    店頭買取

    買取日:2024/01/11

    古銭

    中華民国 台湾省 伍角
    大量まとめ

    買取価格617,000

  • 銀貨 中国古銭 中華民国 開国記念幣
    北海道
    出張買取

    買取日:2024/01/09

    銀貨

    中国古銭 中華民国 開国記念幣
    1ドル

    買取価格396,000

  • 銀貨 稲穂・鳳凰・東京オリンピック
    京都府
    出張買取

    買取日:2024/01/09

    銀貨

    稲穂・鳳凰・東京オリンピック
    100円銀貨 大量まとめ

    買取価格22,000

ご売却をご検討中ならお問合せください!
有名な銀貨をご紹介

  1. 一圓銀貨

    一圓銀貨
  2. 貿易銀

    貿易銀
  3. 旭日竜大型
    50銭銀貨

    旭日竜大型50銭
  4. 竜50銭銀貨

    竜50銭銀貨
  5. 旭日50銭銀貨

    旭日50銭銀貨
  6. 小型50銭銀貨

    小型50銭銀貨
  7. 鳳凰100円銀貨

    鳳凰100円銀貨
  8. 稲100円銀貨

    稲100円銀貨
  9. イーグル銀貨

    イーグル銀貨
  10. メイプルリーフ
    銀貨

    メイプルリーフ銀貨

一覧で紹介されていなくても買取可能な銀貨もありますのでお気軽にお問合せください。
※一覧の銀貨でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。

お客様の声

ご利用いただいたお客様から
お喜びの声が届いております

  • 換金するよりも売ったほうが良いとあったのでお願いしました

    東日本大震災復興事業記念銀貨
    稲100円銀貨3点

    おそらく父か母の持ち物だったと思うのですが、うちに古い昭和の銀貨があったので買取をお願いしました。ネットで調べたら今のお金に換金できるということでしたが、銀貨は売ったら額面以上になる可能性があるということでお願いすることにしました。3枚あったのですが、うち1枚は発行年数的に希少価値が高いということで、思っていたよりも高い金額になりました。昭和に出たもので、古銭というほどのものではなかったのであまり期待していなかったのですが、思わぬ臨時収入になって嬉しかったです。

    査定士より

    このたびは、昭和30年代に発行された『稲100円銀貨』3点の査定を依頼したいとのご依頼を受け、熊本県熊本市に出張させていただきました。お客様は「古銭じゃないので申し訳ないのですが」とおっしゃっていましたが、確かに古銭ではないものの昭和に発行された貨幣にも価値が高いものはあります。特に、今回見させていただいた3点の中には、希少価値の高い昭和35年発行の『稲100円銀貨』が含まれておりましたので、ご満足いただける金額を提示することができました。このたびは福ちゃんをご利用いただき、ありがとうございました。

    査定員
  • ついでに見てもらった銀貨でしたが、これがいちばん高く売れました

    一圓銀貨
    貿易銀

    実は今回、福ちゃんにはブランド食器をいくつか見ていただきたくてお呼びしたんですが、査定が一段落したところで「ほかに価値を知りたいものなどがあればこの機会に見させていただきますが」と言ってもらい、ああそういえばアレがあったなと思い、銀貨も見てもらうことになりました。古くてちょっとくすんだ感じになっているものですが、主人が「売ればお金になるのでいつか売ろう」と言っていたものでした。何でも明治時代に出た銀貨ということで、食器よりも高い値段で買い取っていただけることになりました。主人も喜んでおりました。ありがとうございました。

    査定士より

    このたびは京都府京丹後市にお住まいのお客様に、明治初期に発行されていた『貿易銀』を見せていただくことになりました。当時の明治政府が貿易の際に使用する専用の銀貨として発行したものでしたが、取り組みがうまくいかず限られた期間のみの発行となったものです。多少の経年劣化はありましたが状態はおおむね良好であり、希少価値も高いということで高価買取が実現しました。このたびは福ちゃんをご利用いただき、ありがとうございました。

    査定員

福ちゃんにはこれまでに多くの
古銭を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの古銭の買取価格を実現しています。

古銭の種類別の買取実績

銀貨とは?

銀貨とは?

銀貨の種類と価値をご紹介いたします

貴金属を使用したコインには金貨や銀貨、プラチナコインなどさまざまな種類のものがありますが、銀貨は特に歴史が古く、また長く使用されてきたものであるとされています。
日本でも、西洋式の貨幣システムが導入された明治時代から昭和の半ばまで銀貨が流通貨幣として使用されてきました。
日本の最後の銀貨は、1966年まで発行されていた100円銀貨。表面に稲穂を彫り込んだデザインのもので、現在も100円硬貨として使用することが可能です(動販売機や券売機では使えません)。
1964年の東京オリンピックに際しては、五輪マークと「TOKYO 1964」の文字が刻まれたオリンピック仕様の銀貨が発行されています。

オリンピック仕様の100円銀貨は、額面は文字通りの100円であり、現在も流通貨幣のひとつなので銀行で両替する際には現行の100円硬貨を手渡されることになります。
しかし買取専門店が査定する場合は含有する銀の価値やコインの歴史的価値、希少価値が基準になり、500円前後の値がつくことがあります。
当店でも、日本の100円銀貨をはじめとする銀貨の査定・買取を承っています。

銀貨の歴史

銀貨の歴史

現在、銀は金に次ぐ価値を持つ貴金属という認識が一般的です。
たとえばオリンピックの1等賞は金メダル、2等賞は銀メダルとなっています。
しかし、金や銀といった貴金属の価値が認められ始めた古代文明の時代には、銀は金をしのぐ価値を持つものと見なされていました。
採掘できる量こそ少ないものの比較的簡単に精錬できる金に対して、銀は採掘後に澄んだ輝きを放つ純銀へと精錬する作業に手間がかかったため、より貴重なものと見なされていたという事情があります。
現在のように銀が金に次ぐ貴金属とされるようになったのは、純銀へと精錬する技術が確立されたからにほかなりません。また、金に比べて採掘できる量が多かったことも順位の逆転に拍車をかけました。

こうして金よりも身近な貴金属として見なされるようになった銀は、流通貨幣の素材として世界中で使用されるようになりました。
特に古代ローマ帝国の時代からヨーロッパを中心に発展。あらゆる階級の人々が身近に接する貨幣となりました。現在も、フランス語では「お金」の意味で「Argent(アルジャン=銀)」という言葉が使われます。
「銀行」など、お金にまつわる日本語に「銀」が見られるのも、その名残りであるといえるでしょう。

日本では、冒頭にも記したように明治時代に入ってから本格的な銀貨が鋳造されるようになりました。
「5銭銀貨」から「1圓銀貨」までさまざまな銀貨が発行され、戦後にはすでに書いたように100円銀貨が発行されています。
しかし、1960年代の半ばを過ぎて銀の価値が高騰。100円硬貨は東京オリンピックの3年後、1967年に銅とニッケルによる「白銅貨幣」へと変わり、現在に至ります。

銀貨の「価値」とは?

銀貨の「価値」とは?

現在、世に出回っている銀貨は大きく分けて「地金型銀貨」「収集型銀貨」の2種類です。種類によって、価値基準は異なります。

●地金型銀貨
地金型銀貨は、銀投資の際に購入できる銀貨として世界各国で発行されているものです。
アメリカの「イーグル銀貨」やカナダの「メイプルリーフ銀貨」などが代表的ですが、基本的にこの種の銀貨は銀そのものの価値が査定額に影響します。
ただし、たとえばメイプルリーフ銀貨は発行年によってデザインが異なり、流通している数にも違いが見られます。発行数が少ない年のものであれば、その希少価値によって高価買取の対象になるケースもあります。

●収集型銀貨
発行数が少ない年の地金型銀貨や、現在では製造されていない昔の銀貨、また枚数限定で発行される記念銀貨などは「収集型銀貨」とされます。
コレクター向けの銀貨であり、銀そのものの価値や銀貨の表面に彫り込まれた額面よりも、希少価値の高さや状態の良しあしで買取額が決まります。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。