【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

【台風10号についてのお知らせ】
台風10号の影響により「9月6日(日)夕方~9月7日(月)終日」は九州地方全域の出張買取を控えさせていただきます。

陶磁器買取なら高価買取に自信のある【福ちゃん】へ

骨董品買取
価値が不明の
陶磁器
丁寧に査定
処分にお困りの
陶磁器がございましたら
どのような陶磁器でも
ご遠慮なくご相談ください。

陶磁器を幅広く
お買取
いたします

陶磁器買取

福ちゃんには【実家の倉庫からでてきた花瓶】【祖父が大切にしていた茶碗】【趣味で集めていた作家物の陶器】など多くのお客様から陶器、磁器の買取依頼があります。
陶磁器製品は状態などにもよりますが、酒井田柿右衛門などの有名な作家物のお品物であれば、高価格でお買取させていただきます。価値だけ知りたいないどのご依頼も大歓迎です。経験と知識が豊富な査定士がお客様の陶磁器製品をしっかりと査定いたします。陶磁器の茶碗・花瓶などのご売却をお考えなら買取に力を入れている福ちゃんへ。

陶磁器の買取実績を
ご紹介いたします

  • 河井寛次郎 辰砂扁壷
    熊本県
    出張買取

    陶磁器河井寛次郎 辰砂扁壷

    買取価格
    336,000

    河井寛次郎の辰砂扁壷をお買取りいたしました。
    ご親族の方が大切にされていたとの事で保管状態も大変良く、お値段相場より頑張らせていただきました。

  • 十二代 酒井田柿右衛門 柿葉形向付
    愛知県
    出張買取

    陶磁器十二代 酒井田柿右衛門
    柿葉形向付

    買取価格
    104,000

    引越し前の整理との事で、酒井田 柿右衛門、柿葉形向付を21点お買取りさせていただきました。少しの使用感があったものの、見積もりで他店よりも一番高かったという事で、福ちゃんにご依頼いただきました。

  • 十二代 酒井田柿右衛門 染錦手舞花画高台本皿
    静岡県
    宅配買取
    磁器
    十二代 酒井田柿右衛門
    染錦手舞花画高台本皿
  • 古伊万里染錦龍孔雀文菊形皿
    三重県
    出張買取
    陶磁器
    古伊万里染錦龍孔雀文菊形皿
  • 初代徳田八十吉 華唐草瓢形徳利 壱對
    群馬県
    出張買取
    陶磁器
    初代 徳田八十吉
    華唐草瓢形徳利 壱對
  • 古伊万里染付 蘭人唐子文三角杯
    広島県
    出張買取
    陶磁器
    古伊万里染付
    蘭人唐子文三角杯 他
  • 柿右衛門様式色絵牡丹文皿
    和歌山県
    出張買取
    陶磁器
    柿右衛門様式色絵牡丹文皿
  • 薩摩花尽文向付
    山口県
    宅配買取
    陶磁器
    薩摩花尽文向付

福ちゃんの陶磁器買取をご利用された

お客様の声

  • 陶磁器初代徳田八十吉「深和黄釉獅子」置物

    思わぬ臨時収入が手に入り満足

    お客様満足度

    大阪府 / 女性
    初代徳田八十吉「深和黄釉獅子」置物

    実家を片付けている時に出てきた置物を買い取りしていただきました。昔から家にあった古い置物でしたが、有名な作家さんの陶磁器ということで、私が思っていたよりも高く売れました。臨時収入がたくさん手に入り、とても満足です。福ちゃんに買い取りを依頼してみてよかったと思います。

    初代「徳田八十吉」の深和黄釉獅子を今回、お買取りさせていただきました。
    徳田八十吉(とくだやそきち)とは、九谷焼の陶工の名前のことを言います。現在は四代目が襲名していますが、今回のお品物は初代徳田八十吉の作品でした。
    初代徳田八十吉は1953年に人間国宝に認定され、九谷焼の最高峰の作家と評されています。徳田八十吉の陶磁器で、付属の共箱もきれいな状態で保管されていましたので、しっかりお値段を付けさせていただきました。

    査定員

    担当査定員

  • 陶磁器河井寛次郎「草花圖壷」

    対応が素晴らしかったです

    お客様満足度

    静岡県 / 女性
    河井寛次郎「草花圖壷」

    祖母の所有していた壺を、私が代理で福ちゃんに買取をお願いしました。私には壺の価値は一切わからなかったのですが、とても有名な作家の方の壺だったようで、思っていたよりもいい買取額を付けてもらうことができました。骨董品のことがわからない私にも、査定の時にわかりやすく説明してくだったので、十分に納得の上で祖母の壺を売ることができました。

    このたびは骨董品買取で福ちゃんをご利用いただき、ありがとうございました。
    今回、お買取となったのは島根県出身の陶芸家・河井寛次郎(かわいかんじろう)の草花圖壷です。師弟関係を重んじる陶工界において、河井寛次郎は師と仰ぐ者はおらず、学校教育だけの指導で活躍した新世代の陶芸家として知られています。
    独自の自由奔放な作品は天才的で、文化勲章、人間国宝、芸術院会員にノミネートされるほどの高い評価を得ていました。しかし、独自の創作活動にこだわった河井寛次郎はこれを辞退。誰しもが知る有名な陶芸家でありながら、陶工無位無冠の陶工とし晩年まで創作活動を行いました。そんな有名作家の美品につき、買取価格は精一杯、頑張らせていただきました。

    査定員

    担当査定員

  • 陶磁器岡部嶺男「絵志野盃」

    他の骨董買取店よりも高く売れた

    お客様満足度

    東京都 / 男性
    岡部嶺男「絵志野盃」

    大事にしてきた岡部嶺男の盃だったので、複数の買取店に査定をお願いしました。福ちゃんはその中で最も、買取価格が高かったです。自宅まで無料で査定に来ていただけましたし、現金もその場で頂けたので非常に嬉しかったです。ありがとうございました。

    岡部嶺男(おかべみねお)の絵志野盃をお買取りさせていただきました。
    岡部嶺男は愛知県出身の陶芸家で、数々の名品を生みだした、加藤唐九郎の長男としても有名です。青瓷や織部を得意とし、誰も作り出せなかった独自の作風が特徴で、納得のいく作品造りを追求し続けた、「鬼才の陶芸家」と称されることもあります。
    今回はお品物の保存状態もよく、大変希少な作家物の盃であったため、できる限りの高価買取をさせていただきました。買取価格にご満足の様子で嬉しく思います。

    査定員

    担当査定員

ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
陶磁器とは?

陶磁器とは?

陶磁器の歴史と価値をご紹介いたします

土をこねて火にかけ、固く仕上げた陶磁器は、有史以前のはるかな時代から使われてきたものです。茶碗などの食器をはじめ、花瓶などさまざまな道具として使用されてきた歴史があります。具体的には、加熱するとガラス化して強度をもたらす成分が含まれた粘土をこねて形をつくり、高温で焼きあげ、釉薬(うわぐすり)を塗って仕上げたものを指します。

陶磁器は実用品として身近な存在である一方、美術品、工芸品としての価値も持ちます。たとえば、12世紀、南宋時代の中国で製造されたとされる「曜変天目茶碗」は美術的な価値がきわめて高く、いつの頃か日本に渡り、室町時代から戦国時代へ、やがて江戸時代へと時代を経る中で時の権力者たちが手にし、現在では国宝として美術館に所蔵されています。

陶磁器の歴史

陶磁器の歴史

紀元前から人類とともにあった陶磁器。特に日本を含む東洋では文明が生まれた頃から製造され、使用されてきた歴史があります。たとえば中国では、最古の王朝といわれる殷の時代に釉薬を塗って仕上げる技術があり、その後の長い歴史の中で彩色や細工の技術が発達し、世界に伝えられました。

紀元前300年以前の縄文時代、縄模様をつけた土器を製造していた日本では、弥生時代を経て古墳時代、大和時代を経ていく中で中国や朝鮮半島から陶磁器の技術を吸収。やがて、中国文化の影響を受けて極彩色の天平文化が花ひらいた飛鳥時代に、釉薬を塗って彩色し、陶器を美しく仕上げる技法が取り入れられました。陶磁器に、実用品としてだけでなく美術品としての価値を与える文化が生まれたのは、この前後であると考えられます。

また瀬戸焼や備前焼、信楽焼など日本各地のそれぞれの土の特色を活かした陶磁器が数多く生まれ、体系化されていく素地が築かれたのもこの頃のことでした。その後、室町時代から安土桃山時代にかけて陶磁器の茶碗を使った茶道が確立されるようになると技術はより発展し、現在に至る陶磁器が完成していきました。

価値ある陶磁器とは?

価値ある陶磁器とは?

安全な環境の中にあれば1000年以上、形を損なうことなく美しさを保ち続ける陶磁器。しかし、たとえば日本で国宝として美術館に所蔵されている「曜変天目茶碗」はそもそも12世紀の中国で製造されたものですが、本国では破片が出土したのみで完全に形をとどめているものは1個も発見されておらず、またオリジナルの製法も伝えられていないので、希少性がより高まっています。そのようなこともあり、家庭のご飯茶碗や湯のみ、皿、また花瓶などとして大量生産されるものは別として、由緒ある陶磁器は高い価値を持つことになります。

茶碗

日本で陶磁器の技術が飛躍的に発展したのは、室町時代から安土桃山時代にかけてのことであったといわれています。千利休をはじめとする茶人たちによって茶道が確立され、お茶を飲む作法だけでなく道具にもこだわるべきであるという説が唱えられて、多くの権力者や文化人が質の良い茶碗を求めるようになったことがきっかけです。特に、あえて形の整っていない茶碗を「楽茶碗」と呼んで珍重する文化ができたことで、陶磁器の茶碗の美術的な側面が重要視されるようになりました。一度しかつくれない繊細微妙なゆがみを持つ楽茶碗の名器は代々伝えられ、現在も高い価値を持っています。

作家もの

日本には古来、各地の土を使い、連綿と伝えられてきた技術を使って陶磁器をつくる文化がありました。その文化を継承してきた有名作家の手になる品は、高価買取の対象となります。じっくり鑑定することで名のある作家の作品であるかどうかは判明しますが、陶磁器の納められていた箱や由緒を記した書付などがあるとより信憑性が高まり、査定結果にも影響します。買取専門店に査定を依頼する際には、陶磁器そのものだけでなく付属品も持参することをおすすめします。

このようなお品物、眠っていませんか?

陶磁器の
種類と詳細をご紹介

陶磁器には様々な種類が存在しており非常に複雑です。
価値の高い陶磁器は基本的に有名作家の作品などになります。ここでは福ちゃんが陶磁器としてお買取している種類と詳細をご紹介させていただきます。ご紹介している陶磁器であれば福ちゃんはしっかりと査定し適正な買取価格をご提示させていただきます。
※一覧に記載されていない陶磁器もお買取可能です。
※お品物の状態などによってはお買取できない場合もございます。

  • 茶碗

    茶碗

  • 花瓶

    花瓶

  • 皿

  • 作家物

    作家物

福ちゃんにはこれまでに多くの 骨董品を買取してきた
実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの骨董品の買取価格を実現しています。

ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)