【 感染対策について 】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

【赤十字条約成立75年】記念切手を買取いたしました|買取福ちゃん

切手買取体験談

2022/3/9

【赤十字条約成立75年】記念切手を買取いたしました

  • 福岡県
  • 30歳代
  • 女性
【赤十字条約成立75年】記念切手を買取いたしました

【記念切手】赤十字条約75年 10銭 50面シート

今回お買取したお品物は「赤十字条約成立75年記念切手【10銭】」です。切り離しが一切ないシート状の美品をご売却いただきました。
「苦しんでいる人は敵・味方と区別せずに救護する」という世界共通の条約を定めている赤十字国際委員会。

日本が加入したのは1886年(明治19年)のことで、今回の切手は赤十字結成75周年を祝うものです。この記念切手には、2種類の絵柄が採用されています。ひとつは「地球と赤十字」で、もうひとつは日本赤十字社の創始者・佐野常民氏の肖像画です。佐野氏は赤十字の創始者アンリー・デュナンの信念を日本に継承した人物として、国内外問わず高い評価を得ています。また、切手の額面は「2銭」「4銭」「10銭」「20銭」の4種類です。今回の切手は10銭で、赤い「地球と赤十字」柄が特徴となっています。

今回は、ご依頼主から「古い切手が出てきたから査定してもらいたい」とご連絡をいただきました。
「切手のことはよくわからないから、詳しい人に任せたい」ということであったため、切手の価値をしっかりお伝えするとともに、「納得」「丁寧」を心がけた査定を意識しました。

ご訪問前の準備

この日、バイヤーが向かっていたのは福岡市の西部に位置する住宅街です。近くにはウォーキングやランニングに適した大きな公園があり、晴れた日には家族連れやカップルなど多くの人たちが憩いの場として利用しています。

事前に依頼主のご自宅を確認したバイヤーは、訪問までの間を近隣のコインパーキングで過ごすことにしました。車内ではオペレーターから共有されている事前情報や、切手に関する社内データを確認します。

今回の依頼主は30代の女性。お父様のコレクションの一部を手放すということでご依頼をいただいたようです。事前のお話によると、「十字架のようなものが描かれている」ということだったため、バイヤーは赤十字関連の切手ではないかと予想していました。

しかし赤十字関連の切手は多数発行されているため、依頼主がお持ちの切手がどの切手であるかはわかりません。どの切手でもスムーズに対応できるよう入念に資料の確認を行います。

やがて訪問時間が近づいてきました。

持ち物(白手袋、ルーペ、風呂敷、タブレット、小型プリンターなど)をまとめ、車をあとにします。

訪問・査定

時間になり、依頼主のご自宅の前に到着したバイヤー。この周辺は福岡きっての高級住宅街と呼ばれているだけあり、大きな戸建てが目立ちます。

依頼主のお住まいも大きな塀が家の周りを囲っており、立派な車庫を構えています。

表札下にあるインターホンを確認し、来意を告げます。

はい

福ちゃんから参りました

あ、はい

応答してくれたのは女性でした。おそらく依頼主ご本人でしょう。すぐに、ニットのカーディガンをお召しになった女性が現れました。

案内されて敷地内に入り、玄関へ向かいます。

バイヤーは玄関に入るとすぐに名刺を取り出し自己紹介をはじめました。

あらためまして、福ちゃんから参りました査定士です。本日は私が査定を担当いたします。よろしくお願いします

よろしくお願いします。では、奥の部屋に

案内されたのは広々としたリビングです。小上がりの和室には白髪のご婦人が腰をかけていらっしゃいます。

お母さんも一緒にいいですか?

もちろんでございます

バイヤーは依頼主のお母様にもご挨拶を行い、本日の買取の流れをご説明。

では、同意書にサインをお願いします

はい、これで良いでしょうか

結構です。では、さっそく査定を始めていきたいと思います

お願いします

ご依頼主が手元のクリアファイルから取り出したのは、「赤十字条約成立75年記念切手」でした。

単色で刷られた赤色を見たバイヤーは即座に「10銭切手だ」と確信します。

これなんですが……

白い手袋を装着したバイヤーは、クリアファイルに入った切手を預かります。

拝見してもよろしいでしょうか

はい、お願いします

シート状の切手をそっと取り出し、隅から隅までを確認します。端の部分に画鋲を刺したと見られる穴があるものの、表面には目立った汚れがないようです。

そして裏面も入念にチェックします。こちらも問題はありません。

さらにバイヤーはルーペを使い、切手の細部を1枚ずつチェックします。

こちら、いい状態で保管されていますね

本当ですか?亡くなった父が切手収集を趣味にしていた時期がありまして……

そうだったんですね

これだけは貼り忘れてしまったのか、そのままの状態で出てきたんです

なるほど……もしかすると、こちらはあえてシート状で保管されていたのかもしれません

バイヤーは、切手コレクターの中には切り離しをせず、シート状になっている切手を好む方がいることを説明します。

あら、そうなの

ちなみに、この切手は額面が4種類ございます。2銭、4銭、10銭、20銭となっているんですが、10銭と20銭は買取相場が高めになっているんです

額面に比例して高くなるということですか?

いえ、この切手は2銭と4銭が約220万枚発行されたのに対して、10銭と20銭は30万枚程度しか発行されていないんです

もともと少ないってことですね

おっしゃる通りでございます

ここで、切手の買取は希少性や状態が値段を左右することを説明します。

この切手は間違いなく美品といえますね

あら、まあ

お母さん、よかったね。査定士さん、この切手、需要はありそうですか?

間違いなくあると思います

ここでバイヤーはカバンの中からタブレットを取り出し、買取額の算出を行いました。そしてタブレットに表示された金額を依頼主親子に提示します。

あら、すごいじゃない

本当ね、思っていた以上

親子の反応は上々です。バイヤーは説明を加えます。

今回こちらのお値段が付いたポイントは状態の良さです。黄ばみやシミが一切なく、切り離しもありません

バイヤーは続けます。

この端にある穴の部分は少しだけマイナスとさせていただきましたが……精一杯のお値段をつけさせていただきました

いえ、ありがとうございます

今はこの金額が限界ですが、おそらく昭和初期の切手は今後、値上がりが予想されます。ですので、ご売却されるかどうかはゆっくりと検討してみてください

すると、依頼主のお母さまが話し始めました。

もともと、私が捨てようとしていたものだったんです。主人がアルバムに貼り付けていたものならともかく、これは要らなかったのかと思いまして

なるほど

それを娘が止めくれて、福ちゃんにお電話してくれたんです

そうだったんですね

今、母が話した通りなので……売ります。お母さんもいいよね?

ええ。さっき需要があるっていってもらえてうれしかったわ

ありがとうございます

依頼主親子の買取の意思を確認したバイヤーは、契約書の作成に取りかかりました。

ここで依頼主のお母さまは退出。バイヤーは依頼主の身分証を確認し、契約書を渡します。

こちらの内容ご確認いただき、署名をお願いします

はい。わかりました

しばらくして署名が完了。バイヤーは用意した現金をお渡しし、以上で完了となります。

それでは、こちらお支払い額でございます

ありがとうございます

こちらこそ、思い出のお品物をご売却いただきありがとうございます。以上となりますが、他に査定を希望されるものはございますか?

いえ、ないです

かしこまりました。また何かございましたらお気軽にお問い合わせください。今後とも福ちゃんをよろしくお願い致します

今回の買取とまとめ

赤十字条約成立75年記念切手【10銭】

今回注目のお品物は戦前に発行された赤十字条約記念切手です。非常に状態がよく、またコレクター人気が高い「10銭切手」であることを最大限に評価いたしました。

このたびはご利用いただき、ありがとうございました。

福ちゃんのオペレーティングスタッフ

福ちゃんでは、丁寧な査定を心がけております。売りたい・譲りたいお品物があるという方はぜひご相談だけでもお待ちしております。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。