【切手】文化大革命時代の中国切手(計12点)を買取いたしました|【買取福ちゃん】 FUKUCHAN

切手買取レポート

2023/6/13

【切手】文化大革命時代の中国切手(計12点)を買取いたしました

  • 東京都
  • 50歳代
  • 女性
【切手】中国切手(計12点)を買取いたしました

【切手】中国切手(計12点)

今回は「文化大革命時代の中国切手を見てほしい」というご依頼を受け、東京都杉並区に出張させていただきました。この日お買い取りさせていただいたのは『文15』と『文16』2種、『文17』3種、『文18』4種、『文19』と『文20』の12点です。
文化大革命時代の切手は収集が禁じられていたうえ、文革以前の切手は中国国内で大量に処分されてしまったことから、「レア切手」として知られています。
今回の依頼主は遺品整理をされている50代の女性です。「切手のことはよくわからない」とおっしゃっていたため、丁寧な解説を行わせていただきました。

今回お買取の切手について

東京都杉並区にお住まいのお客様より出張買取のご依頼を受け、切手の査定をさせていただきました。見させていただいた切手は、中国で「文化大革命」という社会運動の嵐が吹き荒れていた頃に発行された切手で、計12点ありました。

1960~1970年代に毛沢東が主導して行われた文化大革命の当時、中国では国民が切手収集を行うことを厳しく禁じており、当時の切手はほとんど残されていません……海外からの旅行者が購入したものを除けば。ということで現在はかなり高い価値があるとされています。

今回見させていただいた切手もそんな“文革時代”の中国切手であり、いずれも状態は良好で綺麗な“美品”だったため、まとめて高価買取となりました。

切手の入手経緯・買取に出されたきっかけについて

今回見させていただいた文革時代の中国切手は、いずれも今は亡きお父様が所有されていたものだったそうです。「父が切手コレクションをしていたとは知らなかったんですが、母に聞くとかなり熱心にやっていたそうです」とのことで、特に海外の切手を集めることに熱を入れていらっしゃったのだとか。

そんな中国切手ですが、「父が亡くなった後、うちにあっても母も私もわかりませんから……」ということで、買取に出すことにされたのだとか。

「私たちとしては高く売れてくれたら嬉しいですし、切手も価値がわかる人の手もとにあったほうが良いんじゃないかと思うんですよね」とおっしゃっていました。

「福ちゃん」を選んでいただいた理由について

切手を買取に出すにあたって「福ちゃん」を選んでいただいた理由についてお伺いしたところ、「できるだけ高く買ってくれるところにしたかったので、ネットで評判を調べて選びました」とのことでした。

インターネット上で口コミなどをチェックしたところ、当社について「高く買い取ってもらえた」などの声が多かったことから、ご依頼をいただくことになった……という経緯があるそうです。

「福ちゃん」の切手買取をご利用になられてのご意見とご感想

実際に「福ちゃん」の切手買取サービスをご利用になられたうえでのご感想などをお伺いしたところ、「こんな小さい切手がそんなに高くなるんだと驚きました」とのお言葉をいただきました。

「査定してくれた人の説明も分かりやすかったですし、かなり満足感は高かったです」ともおっしゃっていただけました。

このたびは「福ちゃん」の買取サービスをご利用いただき、ありがとうございました。

福ちゃんのオペレーティングスタッフ

福ちゃんでは、丁寧な査定を心がけております。売りたい・譲りたいお品物があるという方はぜひご相談だけでもお待ちしております。

キャンペーン開催中

期間中にお申込みをいただいた方が対象 買取金額10,000円以上で5%UP、20,000円以上で10%UP 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)