【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

【山崎蒸留所】ってどんな所?【サントリーウイスキー好きは必見】

サントリーの「山崎蒸留所」をご存知でしょうか。

「山崎蒸留所」はシングルモルトウイスキー「山崎」などが造られ、工場見学や試飲、お土産として買える「限定ボトル」などが人気の蒸留所です。

今回の福ちゃんコラムでは、ジャパニーズウイスキー好きなら必見の、「山崎蒸溜所」についてご紹介します!
お酒好きの方は、ぜひ最後までお楽しみください。

山崎蒸留所(やまざきじょうりゅうじょ)とは

山崎蒸留所

山崎蒸留所とは、大阪と京都の境界にある「大阪府三島郡島本町山崎」に位置する、サントリーの蒸留所のことです。1923年に建設されたサントリー山崎蒸留所は、日本初の本格的国産ウイスキー、「白札(現在のサントリーホワイト)」を誕生させた蒸留所で、他にも「角瓶」「オールド」「山崎」など、日本を代表する様々な銘柄を誕生させたことで有名です。

その中でも特に、蒸留所の名前を冠したシングルモルトウイスキー「山崎」は、世界的な評価も高く、お酒の買取市場においても高値で取引されることも多いですね。

そんな山崎蒸留所は、サントリーの前身である「寿屋」が建設した、「日本初のモルトウイスキー蒸留所(※モルトウイスキーとは、大麦の麦芽のみを原料としたウイスキーのこと)」です。

山崎蒸留所の初代所長には、「ブラックニッカ」や「竹鶴ピュアモルト」などの代表銘柄で知られる「ニッカウヰスキー」の創業者で、”日本のウイスキーの父“とも呼ばれる、「竹鶴政孝」氏が務めていたことでも知られています。

“山崎”が蒸留所に選ばれた理由

山崎蒸留所
大阪と京都の県境にある”山崎”という地は、名水の産地として知られています。
サントリーの創業者である鳥井信治郎氏が、山崎の地を選んで蒸留所を建設したのは、良質な水や自然環境にこだわったためです。

山崎は万葉集の歌にも詠まれた「水生野(みなせの)」という名水の里で、桂川、宇治川、木津川、3つの川が合流し、淀川となる場所の付近にあります。

山崎蒸留所の近くには、「離宮の水(りきゅうのみず)」で知られる、「水無瀬神宮(みなせじんぐう)」という有名な観光スポットがあります。水無瀬神宮では、大阪で唯一”名水百選”に選ばれた離宮の水を、誰でも1日20リットルまで汲み取って持ち帰ることが可能です。離宮の水は、侘び茶を大成させた千利休も好んで使い、豊臣秀吉のために茶室を構える機会にも繋がった名水であると、古来より伝えられています。

現代でも飲用できる離宮の水を求め、多くの参拝客が連日のように水無瀬神宮を訪れています。離宮の水は軟水の中でも硬度が高めで、原酒を造るには最適なことから、山崎蒸留所の仕込み水としても利用されています。

山崎は辺り一帯が山に囲まれていることに加え、上述したように3つの川の合流地点付近に位置することから、濃い霧が立ち込めやすい環境にあります。このような湿潤な自然環境は、上質なウイスキー造りには欠かすことができない条件の1つで、さらに名水にも恵まれた山崎は、ウイスキーの蒸溜所にとっては非常に優れた環境にあるといえますね。

創業者の鳥井信治郎氏が理想とした、ウイスキー造りに対するこわだりを実現できる場所として山崎が選ばれ、山崎蒸留所が誕生しました。

山崎蒸溜所ではウイスキーが飲める

山崎蒸溜所_テイスティング
山崎蒸留所では見学ツアーを行っており、予約すれば山崎蒸溜所の施設内を見学することができます。ウイスキーの製造工程の見学や、お酒のテイスティング(試飲)ができる有料ツアーです。

ツアーに参加せず、山崎蒸留所内にあるお土産を買えるショップや、テイスティングカウンターを利用する際も、事前の予約は必要です(入場料は無料)。また、車で蒸留所まで行く場合、ドライバーの方は試飲できません。

詳しくは山崎蒸留所の公式サイトをご覧ください(※2020/4/1現在、新型コロナウイルスの影響で工場見学は一時休止中)。

▼山崎蒸留所の【公式サイト】はコチラ
https://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/

山崎蒸留所のテイスティングカウンター(有料)では、山崎25年、響30年、白州25年など、絶大な人気を誇るプレミアウイスキーを試飲することが可能です(品切れの場合あり)。

山崎、響、白州は原酒の不足の今、定価ではまず飲むことができないプレミアウイスキーですが、山崎蒸留所のテイスティングカウンターでは、お手軽な価格で様々な銘柄を試飲することができます。

他にも、”蒸留所限定ウイスキー”の、ニューポット(未熟成のモルトウイスキー)や構成原酒、ザ・マッカランなど、世界のウイスキーも豊富に用意されており、試飲とはいえ飽きることはありません。

これらの人気ウイスキーを求め、山崎蒸留所のテイスティングカウンターは多くの人で賑わっています。

山崎蒸溜所で買えるお土産が人気

山崎蒸留所 限定ウイスキー
山崎蒸溜所内にあるショップでは、蒸留所オリジナルのおつまみやグラスをはじめ、ウイスキーを熟成するために使われてきた樽を解体して作られた箸、箸置き、コースター、マドラー、文具などのお土産が購入できます。

山崎蒸留所にあるウイスキーの古樽で熟成した梅酒など、お酒も購入できますが、その中でも人気なのが、「山崎蒸留所限定のシングルモルトウイスキー」です。

1人1つまでと購入制限されていますが、それでも必ず買えるという保証はないほどの人気があります。蒸留所限定ボトルはアルコール度数が40%で、レギュラーボトルの43%よりも、3%低く仕上がっているのが特徴です。小さいボトルながらもコルクキャップが使われ、瓶にはシリアルナンバーが入っています。シングルモルトウイスキー「山崎」と同じような味わいで飲みやすく、評判もよいウイスキーです。

まさにお土産にピッタリのアイテムで、山崎蒸留所の見学に行った際は、ぜひ購入しておきたいアイテムの1つですね。

サントリーウイスキー買取なら【福ちゃん】へ

山崎蒸留所_見学会
今回の福ちゃんコラムは、サントリーウイスキー好きなら絶対に外せない、「山崎蒸留所」についてご紹介させていただきました。

山崎蒸留所は大阪府三島郡島本町山崎に所在し、1923年に建設された歴史あるサントリーの蒸留所です。山崎はウイスキー造りに必要な名水と自然環境が揃っており、創業者の鳥井信治郎氏の信念を叶える場所にあります。

品切れの場合もありますが、山崎蒸留所のテイスティングカウンターでは、山崎、響、白州など、空前のウイスキーブームによって定価ではまず飲めなくなってしまった、希少なサントリーウイスキーを試飲できます。山崎蒸留所のショップで購入できる、「蒸留所限定ウイスキー」などのお土産も定評ですし、山崎蒸留所の見学会には外国人の方も多くみえるほどの加熱ぶりです。
大阪駅から山崎蒸留所まで約30~40分とアクセスも快適ですので、お酒好きの方は機会があれば、山崎蒸留所の工場見学に参加されてみてはいかがでしょうか。

お酒買取の福ちゃんでは、サントリーウイスキーの買取を歓迎いたします!

お酒買取の福ちゃんでは、ジャパニーズウイスキーとして世界的にも人気がある、山崎白州の高価買取には自信がございます。実際の買取価格は実物を拝見してからのご提示になりますが、価値に見合った金額をしっかりとお付けいたします。サントリーウイスキー買取のことなら、ぜひ福ちゃんにお任せください!

お酒の買取や査定に関する費用はすべて無料です。
不明点やご質問など、お酒買取のことならお気軽に福ちゃんまでお問い合わせください。

経験豊富な査定士が、無料で買取査定させていただきます。

お酒の高価買取お酒の高価買取
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
< 前の記事「お酒買取」記事一覧次の記事 >
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)