【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

サントリー響についてご紹介!【ブレンデッドウイスキーの最高峰】

今回の福ちゃんお酒買取コラムでは、”ブレンデッドウイスキーの最高峰“として知られる「サントリー響」についてご紹介いたします。

「サントリー響」は国際的な賞を相次ぎ受賞している、素晴らしいジャパニーズウイスキーです。しかし、ウイスキーブームやドラマの影響などもあって深刻な原酒不足が続き、品薄の状態が続いています。海外からも注目されている「サントリー響」は、そんな状況下もあって価格が高騰。買取市場においても、驚くような値段で買取されるケースも多々あるのが「響」です。

「お酒を売って現金化したい」とお考えでしたら、「サントリー響」は知っておいて損はありません。ぜひ最後までご覧ください!

サントリー響とは

サントリー響」とは、サントリーが製造販売する「ブレンデッドウイスキー」のことです。

ブレンデッドウイスキーとは、「モルトウイスキー」と「グレーンウイスキー」の原酒をブレンドし、造られたウイスキーのことをいいます。モルトウイスキーのモルトは英語で”大麦麦芽”を意味し、グレーンウイスキーのグレーンは、トウモロコシなどの”穀物”を意味します。ブレンデッドウイスキーは、「モルト」と「グレーン」というお互いの個性が異なる原酒をブレンドすることで、飲みやすいウイスキーに仕上げられているのが特徴ですね。

福ちゃんコラム内の他記事でもご紹介していますが、「響」はサントリーウイスキーの中では、「山崎」や「白州」と同じく、世界的に有名な銘柄として知られています。

「響」はサントリーの創業90周年を記念して誕生したウイスキーで、「響」として初登場したのが1989年に発売された「響17年」です。
サントリーの創業者「鳥井信治郎」氏の次男である「佐治敬三」氏が、信治郎氏の跡を継いで2代目のマスターブレンダーとなり、「響」を生み出しました。

「響」には“人と自然と響きあう”という企業理念が込められています。サントリーが培ってきた技術を集結し至高の香味を追求して誕生した「響」は、国産ブレンデッドウイスキーの中で”最高峰”に位置付けられ、国際的な酒類コンペティションでも数多くの賞を受賞しています。

ブレンダーの仕事はよく、”オーケストラの指揮者”に例えられます。「響17年」の開発に携わった元サントリーのチーフブレンダー「稲富孝一」氏は、響の理想とする味わいを、19世紀ドイツの作曲家・ブラームスの「行進曲第1番第4楽章の旋律をイメージしながら追求した」という話は有名ですね。

世界に愛されるウイスキーとして知られる響ですが、近年のウイスキーブームにより、日本のみではなく海外からの需要も増加。深刻な原酒不足が続き、品薄の状態が続いています。

サントリー響の種類

サントリー響の種類》としては、以下の銘柄があります。

  • ・サントリー響ジャパニーズハーモニー(ノンエイジ)
  • ・サントリー響12年
  • ・サントリー響17年
  • ・サントリー響21年
  • ・サントリー響30年
  • ・サントリー響35年
  • ・サントリー響ブレンダーズチョイス
  • ・サントリー響ディープハーモニー
  • ・サントリー響メロウハーモニー
  • ・サントリー響50.5(ごーまるご)

この中には終売や休売の銘柄も含まれます。以下では、響の現行ラインナップをご紹介します!

サントリー響 ジャパニーズハーモニー

「響ジャパニーズハーモニー(JAPANESE HARMONY)」は、響のラインナップで初のノンエイジ(熟成年数の表記なし)タイプの銘柄です。
日本の四季・日本人の繊細な感性・日本の匠の技を集結したウイスキー」をコンセプトに、熟成年数にこだわらずに造られています。

生産中止となった「響12年」に替わるエントリー商品として発売されていますが、世界的な酒類コンペティション「SWSC」では最優秀金賞を受賞。響の入門用として最適な銘柄ですが、品薄が続いている影響もあり、定価で飲むことが難しいほどの人気と実力を兼ね備えています。

ジャパニーズハーモニーには、免税店限定品の「マスターズセレクト」も発売されており、「山崎シェリーカスク原酒」を特別にブレンドされた味わいに定評があります。

サントリー響 ブレンダーズチョイス

「響ブレンダーズチョイス」は、ジャパニーズハーモニーと同じく、ノンエイジタイプの銘柄です。
飲料店向けに開発されたウイスキーのため、オンラインショップを除いた一般の酒販ルートには流通していません。

「響ブレンダーズチョイス」は、バラエティー豊かな幅広い酒齢の原酒が使われています。さらに、ワインカスクで熟成した原酒を使うことで、甘さやまろやかさのある味を造り出しています。ノンエイジタイプの銘柄ですが、使用する原酒の酒齢は平均15年前後がベースです。

飲料店向けではありますが、「響ブレンダーズチョイス」発売と同タイミングで休売が発表された、「響17年」の代替商品のような位置付けの銘柄です。

サントリー響21年

「サントリー響21年」は、 「山崎ホワイトオーク」「ミズナラ」「シェリー樽」原酒を中心に、酒齢21年以上の長期熟成された原酒がブレンドされた銘柄です。

2016年5月26日から5月27日にかけて開催された、「第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)」で提供されたことでも有名ですね。豊富な原酒を取り揃えるサントリーだからこそ実現できる、多彩な原酒を用いた贅沢なハーモニーが人気です。その味わいは、世界的な権威を誇る酒類コンペティションでも高く評価されており、金賞や最高賞を毎年のように多数受賞しています。

「響21年」はスペシャルボトルも豊富で、九谷焼や有田焼など伝統工芸品を用いたものや、70周年記念ボトル、匠ボトルなど、限定ボトルも発売され人気を集めました。

サントリー響30年

「サントリー響30年」は、年間数千本しか造れない非常に希少な銘柄です。数が少ないため全て手作業で行われ、響のフラッグシップらしく、ラインナップの中で唯一、豪華な30面カットのクリスタルボトルに入れられています。

「響30年」は「山崎ホワイトオーク」を中心に、サントリー秘蔵の超長期熟成樽の中から、「酒齢30年以上」の原酒を厳選・ブレンドされているのが特徴です。”サントリーブレンデッドウイスキー最高峰“の存在として、世界中のウイスキーファンからも高い評価を得ています。

世界的な権威と知名度を誇る酒類コンペティションでも、金賞や最高賞を何度も受賞するなど、「響30年」は世界に誇るジャパニーズウイスキーとしてその名を馳せています。
生産本数が極めて少ないことに加え、近年ではジャパニーズウイスキーの人気が高まって海外からの注目を集めていることもあり、入手することが非常に難しい銘柄です。

【サントリー響】買取なら【福ちゃん】へ

今回の福ちゃんコラムでは、入手困難なプレミアムウイスキー、「サントリー響」についてご紹介させていただきました。

響は「山崎」や「白州」と並び、サントリーウイスキーを代表する銘柄です。
世界で権威のある複数のコンペで、「最高賞」や「金賞」を毎年のように受賞していることもあり、世界中のウイスキー愛好家に親しまれています。

近年のウイスキーブームの影響も手伝って、響は入手困難の状態が続いています。
人気銘柄かつ市場に出回る数が少ないこともあり、響の値段は数年前に比べて高騰している状態です。
買取市場においても買取価格は年々、上昇しています。

響12年、響17年、響21年、響30年、響35年のように、年代表記のある響がより高価買取されやすくなります。
特に響30年や響35年のように、年代が古い響ほど高額買取となり、現金化を狙うなら最適です。

有田焼ボトルや九谷焼ボトルのように、限定発売された響は同年代の通常ガラスデキャンタの響よりも高く売れます。

響買取のことなら、ぜひ福ちゃんにお任せください!

買取相場やお品物の状態、付属品の有無などによって響の買取価格は変わります。
詳細はお酒買取の福ちゃんまで、お気兼ねなくお問い合わせください。
自宅に眠るお酒のまとめ売りも歓迎です。

お酒の査定料は無料ですので、お気軽にサービスをご利用いただけます。

お酒の高価買取お酒の高価買取
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
期間限定キャンペーンのお知らせ
< 前の記事「お酒買取」記事一覧次の記事 >
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
期間限定キャンペーンのお知らせ