【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 宅配買取サービスについて 】
5月は宅配買取サービスの受付を停止させていただきます。詳しくは『宅配買取サービス一時停止のお知らせ』をご覧ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

佐々木苑子の買取ならお任せください!
業界トップクラスの高価格でお買取する自信があります!

作家着物買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

作家着物買取

作家着物売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

着物作家・佐々木苑子とは?
着物を高く買い取ってもらう方法とは?

今回は、着物作家の佐々木苑子(ささきそのこ)についてまとめてみました。

佐々木苑子は、「紬織」の技法を用いて魅力的な着物の数々を生み出している現代日本を代表する着物作家のひとりであり、人間国宝に認定されています。

ここでは、そんな佐々木苑子のプロフィールや作品の特徴、また代表的な作品などについて解説します。

目次

佐々木苑子とはどんな着物作家?

佐々木苑子は、1939年に東京で生まれました。
1965年から静岡県にある手織紬工房で基本的な技術を学び、1969年からは自宅の織物工房で制作を行い、1971年には伝統工芸新作展に紬織の作品を発表高い評価を受けて入選を果たします。

さらなる技術の向上と新たな表現を求め、鳥取県の弓浜絣、島根県の広瀬絣を習得。
それらの技法を駆使して、主に自然の情景をモチーフにした図柄を生み出し、繊細で優雅な世界観を確立。
もともと紬織は、真綿から紡いで作られるざくざくした手触りの素朴な着物ですが、佐々木苑子は独自の現代アートのような図柄を導入することでその芸術性を高め、大いに評価されることになりました

以後は日本工芸展や日本染織展などで精力的に作品を発表し、高評価を得て気鋭の作家としての地位を確立します。1977年には伝統工芸新作展の鑑査委員を務めています。

また翌年には日本染織展で鑑査委員を務め、さらに東京・日本橋の三越本店で個展を開催し、話題を呼びます。その後も数々の作品で賞を受賞するなどして活躍。2005年には、志村ふくみに次ぐ史上2人目の重要無形文化財「紬織」保持者(人間国宝)に認定されます。

現在も精力的に活動を続け、アーティスティックで格調高い作品の数々で多くの人を魅了しています。

佐々木苑子の着物ならではの
特徴とは?

佐々木苑子は、すでに紹介したように「紬織」という分野で史上2人目の重要無形文化財保持者となっていますが、そんな彼女の最大の特徴としては、オリジナルの創作絵絣を使用した格調高く気品あふれる紬織の作品を生み出していることにあります。

伝統的な紬織の技法に根差しつつ、デザイン面ではオリジナリティを前面に出し、唯一無二の前衛作家として魅力的な着物の数々を生み出しています。

ちなみに、彼女が制作に取り組む様子については、文化庁企画の記録映画『紬織 -佐々木苑子のわざ-』(2012年)で見ることができます。

佐々木苑子の作品紹介

ここでは、佐々木苑子の代表的な作品を
いくつか紹介します。

  • 絵絣紬着物「爽秋」

    佐々木苑子の特徴のひとつは、幾何学文様を中心とするデザインを多く手がけている一方で、オリジナリティあふれる絵絣(絵画風の模様を織り出す絣)を取り入れていることです。
    2015年の第62回日本伝統工芸展に出品されたこちらの作品、題は文字通り「さわやかな秋」を意味する言葉ですが、秋らしい色合いの空に鳥がのびのびと乱舞するさまが見事に表現されています。

  • 紬織帯「野分け晴」

    題の「野分け晴」は、秋の強い風が吹いた後の晴天のことを指します。ここでいう“秋の強い風”は一般的には晩夏から秋にかけて発生することが多い台風を意味するので、要するに「野分け晴=台風一過の晴天」ということができるでしょう。
    この作品は、秋のすすきの穂や稲穂のように淡黄色がメインとなっており、そこに色とりどりの色彩が加わることによって秋晴れの爽やかさが表現されています。
    ちなみにこの作品は、2020年に開催された第67回日本伝統工芸展に出品されました。

  • 紬織着物「碧空」

    上記の「野分け晴」に先立つ2019年、第66回日本伝統工芸展に出品されたこの作品では、「晴天・青空」を意味する題のごとく、爽やかに晴れ渡った青空と、そのもとで輝くように広がる自然の情景が見事にイメージされています

佐々木苑子の着物買取は
福ちゃんにお任せください!

史上2人目の重要無形文化財「紬織」保持者として、さまざまな技法を駆使した繊細かつ芸術的なデザインの着物を生み出している佐々木苑子。

人間国宝が手がけたものとあって、その着物はいずれも高い価値を誇ります。
着物買取の世界でも、もちろん高価買取が期待できる作家のひとりです。
状態にもよりますが、数万円台から10万円程度の価値がつく場合もあります。

とはいえ、着物は見るべき人が見なければ正当な価値を受けることができない場合があります。
半端な知識や乏しい経験しか持ち合わせていない業者に依頼すると、不当に低い価格を提示されてしまう可能性があるので、着物について詳しく、豊富な経験を有する査定士がいる業者を活用しましょう

福ちゃんでは、まさしく佐々木苑子の着物に関する豊富な知識や、これまで数々の着物を査定してきた経験を持つ査定士が在籍しています。

着物は1点からでも査定可能。また、査定に費用はかかりません。
売却したい」というご依頼はもちろんのこと、「ひとまずどのくらいの価値があるのか知りたい」というご依頼も承っていますので、ぜひ気軽にお声がけください。

キャンペーン開催中
【キャンペーン対象条件】
1. 期間中にお申込みいただいた方
2. ご訪問時に査定したお品物の査定額に対してご成約にいたった場合、下記条件に沿って買取金額アップ

① 買取金額の合計10,000円以上:当日の買取金額に対して5%UP

② 買取金額の合計20,000円以上:当日の買取金額に対して10%UP

店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外 他のキャンペーンとの併用は不可
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)