【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 「トケマッチ」未返却時計について 】
時計シェアリングサービス「トケマッチ」未返却時計に関して詳しくは『「トケマッチ」未返却時計について』をご確認ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

甲田綏郎の買取ならお任せください!
業界トップクラスの高価格でお買取する自信があります!

作家着物買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

作家着物買取

作家着物売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

着物作家・甲田綏郎とは?
着物を高く買い取ってもらう方法とは?

今回は宮中の献上品にもなっている「精好仙台平(せいごうせんだいひら)」を手がけている織物作家、甲田綏郎(こうだよしお)についてまとめてみました。

甲田綏郎は重要無形文化財保持者に認定されている人物です。
また、甲田綏郎の父も同じく重要無形文化財「精好仙台平」保持者であることから「親子二代で人間国宝になった作家」として知られています。

地元・仙台で家業を守り続けている甲田綏郎の作品は細やかな縞柄と深い青、白、グレーといった色使いが特徴で、洗練されたデザインが目を引きます。

ここでは、そんな甲田綏郎のプロフィールや代表的な作品などについてご紹介いたします。

目次

甲田綏郎とはどんな着物作家?

1929年、甲田綏郎は宮城県仙台市に生まれました。
家は300年もの歴史を持つ高級袴の老舗で、綏郎は1946年から父に師事しました。

1970年、一人前の職人として認められた甲田綏郎は本場仙台平の工場を継承します。

1971年には、手がけた袴が礼宮文仁殿下(現・秋篠宮文仁親王)のお買い上げとなり、さらに1976年には宮城県指定無形文化財保持者として認定されました。

1979年、第3回全国伝統的工芸品展会長賞を受賞。翌年も同賞を受賞し、1982年には奨励賞を受賞しています。
また1986年には工場に三笠宮崇仁親王が訪問。この翌年に精好仙台平を献上しています。

1989年、宮城県教育功労者に、そして2001年には仙台市功労賞を受賞した甲田綏郎は2002年、重要無形文化財「精好仙台平」保持者に認定されています。

2004年には旭日小綬章を受章。父と同じく人間国宝として精力的に制作活動を続けました。

2013年、高級ブランド「GUCCI」とコラボレーションしたバンブーバッグを発売し、その売上金をすべて東日本大震災の復興事業に寄附するなど、震災復興に尽力したことでも知られています

2014年「人間国宝展-生み出された美、伝えゆく技-」に袴地「龍峰」を展示。その後も日本伝統工芸展、東日本伝統工芸展の常連として数々の作品を出品し続けています。

2019年、日本工芸会の正会員に認定。現在は制作活動をしながら同会員として文化財の保護と育成に力を注いでいます

甲田綏郎の「精好仙台平」とは?

精好仙台平」は長い歴史を持っており、現在でも「袴といえば精好仙台平」といわれているほど知名度が高い袴となっています。

代々の甲田家によって作られ守られてきた精好仙台平ですが、2023年現在、これに取り組んでいるのは甲田綏郎ただ一人となっている状況です。

精好仙台平は伊達藩の歴代藩主や主に能・歌舞伎役者などが着用してきたもので、着心地が良く動きやすいのが特徴のひとつです。

また、かつて刀を携帯していた武士に合わせて作られているため、ハリがあり、独特の光沢が非常に美しく、多くの着物ファンから「憧れの着物」として親しまれています。

なお、袴は日本男子が着用する着物の中で最も格が高い着物でとされていますが、「精好仙台平」は特に格上の袴とされているため、授賞式や結婚式などの際に着用されます。

紺、白、グレーなどに染め上げられた糸を多用して織られる縞模様は「霜降り」と称されており、凛とした上品な印象を与えてくれます。

甲田綏郎の作品紹介

ここでは、数ある甲田綏郎の作品の中でも
特に代表的な作品をいくつか紹介します。

  • 曲水

    2016年の第56回東日本伝統工芸展に出品したこの作品は、深い紺に赤みのある茶色が加わり、美しい縦縞を構成しています。

    これまで多くの作品を出品してきた甲田綏郎ですが、多くが袴地(袴を仕立てるための織物で布地の状態をさす)であり、この作品は袴として完成された作品であるという特徴を持ちます。
    袴が持つ高貴な雰囲気も相まって、とても印象的な作品になっています。

  • 雪聲

    読みは「せっせい」で「雪の声」を意味し、しんしんと降り続く様子を表しています。
    藍色ともいえるような深い青と白地の縞模様が特徴的なこの作品は2019年、第66回日本伝統工芸展に出品されたもの。
    数ある甲田作品の中でも、比較的明るい色使いとなっています。

甲田綏郎の作品の買取は
福ちゃんにお任せください!

甲田綏郎は、重要無形文化財「精好仙台平」保持者であり、宮中御用達の作家としても高い評価を得ています。

精工に織られた作品は精好仙台平は他の織物にはない貫禄や気高さを備えているのが特徴です。
一般販売は少なく、いずれも高い価値を持つことから1点で十万単位の価値がつくことは珍しくありません。

そんな甲田綏郎の作品を少しでも高く買い取ってもらうためのコツとしては、「着物に詳しい業者を利用する」ということが挙げられます。

福ちゃんの買取は着物に精通している査定士が行っているので、ぜひ安心してお任せください。

また、着物の査定は1着からでも可能です。
査定は無料で受け付けていますので、ぜひ気軽にお声がけください。

キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。