【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 宅配買取サービスについて 】
5月は宅配買取サービスの受付を停止させていただきます。詳しくは『宅配買取サービス一時停止のお知らせ』をご覧ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

宮平初子の買取ならお任せください!
業界トップクラスの高価格でお買取する自信があります!

作家着物買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

作家着物買取

作家着物売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

着物作家・宮平初子とは?
着物を高く買い取ってもらう方法とは?

今回の記事で取り上げるのは、着物作家・宮平初子(みやひらはつこ)です。

宮平初子は重要無形文化財「首里の織物」保持者に認定されている作家であり、琉球王国の時代から沖縄で連綿と受け継がれてきた「首里織」を復興した功績があります。
また、多彩なデザインの美しい着物を手がけていることも特徴のひとつとして挙げられます。

ここでは、そんな宮平初子のプロフィールや、彼女が手がけた「首里織」についての情報をまとめてみました。

目次

宮平初子とはどんな着物作家?

1922年、宮平初子は沖縄県に生まれました。
沖縄県立女子工芸学校を卒業した1939年、ちょうど沖縄の工芸を調査・研究するために訪れていた日本民芸協会の柳宗悦に出会い、学校から推薦されたこともあって宗悦に伴われて上京します。

東京では、宗悦の甥である柳悦孝の染織研究所で染織を学びました。そして2年間の研修を終えて沖縄に帰ると、母校で後進の指導にあたることになります。

しかし当時は太平洋戦争が激化しつつあった頃であり、1945年1月、悲惨な沖縄戦が始まる前に初子は山口県に疎開することを余儀なくされました。
終戦を迎えた翌年には帰郷することができましたが、その頃にはかつての琉球王国を象徴する首里城は破壊され、「首里織」をはじめとする沖縄独自の工芸や文化も危機に瀕していました

そんな中、宮平初子は織物の世界で沖縄の工芸・文化の復興に尽力することになります。1940年代後半には当時の石川市(現在うるま市に統合)で洋裁学校に勤務しつつ、織物の制作に励みます。

また1950~1960年代にかけて琉球政府経済局中央農業研究所、琉球工業研究指導所に勤務して首里織の復興に努め、1959年には首里織のひとつである「道屯織(ロートン織)」を復元し、さらに1963年には「花織」の技法を用いた帯を製品化して話題を呼びます。

また1970年から那覇市に「宮平織物工房」を開き、着物や帯の制作に加えて後進の指導にも取り組みました。

その後は、国展や日本民芸館展に作品を出品して数々の賞を受賞し、1971年には初の個展を開きます。個展は翌年からも県内外で積極的に開き、首里織の素晴らしさを伝えました。

そして1974年、県の重要無形文化財「本場首里の織物」保持者に認定。以後も個展を開き、展覧会に作品を出品し、また講演も積極的にこなして現代における首里織の第一人者となりました。

1998年には、国の重要無形文化財「首里の織物」保持者(人間国宝)に認定されています。沖縄県出身の女性としては史上初の人間国宝でした

宮平初子は2022年に亡くなりますが、首里織は現在、「沖縄伝統首里の織物保存会」を中心に後継者の育成や指導が続けられています。

宮平初子の「首里織」とは?

宮平初子は沖縄県と国が指定する重要無形文化財「首里の織物」保持者ですが、そもそも「首里の織物」すなわち「首里織」の歴史は、14~15世紀に始まったとされています。

当時の沖縄は、豪族たちが群雄割拠する時代を経て琉球王国に統一されつつあり、首里城を王府とする王国では、王族や士族、そして平民が着る服が厳格に分けられていました。

そんな中、宮平初子が復興に努めた首里織は、主に王族や士族の人々の着るものでした。
王族のみが着ることを許されていた「花倉織」や、王族・士族が着た「花織」などがあります。

そのほか、「道屯織」や「首里ミンサー」といったものがありました。いずれもまぶしい陽光が照り映える沖縄の風土にマッチした、カラフルで涼やかな雰囲気と緻密な模様、軽やかな質感が特徴として挙げられます。

宮平初子はそんな首里織を復興しつつ、デザイン面においては現代的な意匠をふんだんに取り入れ、「沖縄」にとらわれない汎アジア的な仕上がりの作品を数多く手がけました。

宮平初子の着物買取は
福ちゃんにお任せください!

戦争によって危機に瀕していた「首里織」を復興し、後進に伝えるという功績を残した宮平初子。

首里織ならではの、どこかノスタルジックな雰囲気とともに、現代的でスマートな意匠を盛り込んだ作品の数々は、いずれも高い価値を誇ります。

中古市場では、状態にもよりますが1点につき10万円以上の価値がつくことも珍しくありません。

しかしながら、きちんとした知識・経験を有する業者に任せなければ、正しい価値を見出してもらえず不当に低い価格を提示されてしまうことが考えられます

というわけで、宮平初子の作品をお持ちで売却をお考えの際は、ぜひ福ちゃんにお任せください。

福ちゃんでは、これまでに多くの着物を査定してきた経験があり、さらには十分な知識を持つ査定士が在籍しています

1点ずつしっかりと見させていただき、それぞれの着物に見合う適正な価格を提示いたします。

「とりあえず売れるかどうかだけ知りたい」
「どのくらいの値段がつくのか確かめたい」

といったご依頼も承っておりますので、気軽にお声がけください。

キャンペーン開催中
【キャンペーン対象条件】
1. 期間中にお申込みいただいた方
2. ご訪問時に査定したお品物の査定額に対してご成約にいたった場合、下記条件に沿って買取金額アップ

① 買取金額の合計10,000円以上:当日の買取金額に対して5%UP

② 買取金額の合計20,000円以上:当日の買取金額に対して10%UP

店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外 他のキャンペーンとの併用は不可
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)