UPU75年記念切手(万国郵便連合75年記念切手)とは

UPU75年記念切手(正式名称「万国郵便連合75年記念切手」)は、1949年に発行された記念切手です。額面は2円、8円、14円、24円で、2円切手と14円切手には日本地図が、そして8円切手と24円切手には地球がデザインされ、それぞれ通信の象徴である手紙の封書や郵便船などが描かれています。

なお、このUPU75年記念切手は30面シートに加え小型シートの販売も行われました。小型シートのほうは8円切手が1枚、2円切手が1セットとなっています。

UPU75年記念切手の歴史

郵便に関する国際機構「UPU(万国郵便連合)」は1874年に設立されました。

UPUは「すべての地域で固定料金に近い形で郵便物が送れる」、「国際郵便、国内郵便が同一の扱いを受けられる」、「国際郵便料金は自国で徴収する」という国際基準を定めた連合で、日本は1877年に加入しています。

UPU75年記念切手」はUPU発足75年を記念し発行されたものです。ちなみに日本の加盟75周年記念となる切手は1952年に別途発行されています。

UPU75年記念切手の種類

UPU75年記念切手とは

UPU75年記念切手は額面が2円、8円、14円、24円の4種類で、図案は2パターン、「日本地図」と「通信の象徴」が採用されています。

日本地図」ではたくさんの封筒が「75」を描き、「通信の象徴」は地球上を飛行機や船が通過している様子を描くなど、UPUが国際的な機関であること、そして75年という歳月が経ったことがわかるデザインとなっています。

なお2円切手は青緑色、8円切手はえんじ色、14円切手は赤色、24円切手には青色がそれぞれ単色刷りで印刷されています。

なお発行枚数は2円と8円が300万枚、14円と24円が100万枚で、現在24円切手の未使用品、シート状で保管されたもの、30面シートに2つ存在するといわれる「タブ付き」などは高価買取の対象になるといわれています。

切手の高価買取切手の高価買取
あの切手がいつの間にかプレミア切手に!ぜひ無料査定をご利用下さい
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
< 前の記事「切手買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。