プライバシーマーク

沖縄切手買取なら【福ちゃん】へ!価値に見合った買取価格をご提示します。

沖縄切手買取
 

沖縄切手買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を

沖縄切手の買取なら福ちゃんにお任せください。
沖縄切手とは「アメリカ軍に統治されていた時代の沖縄で使用されていた切手の総称」であり、別名「琉球切手」とも呼ばれています。
沖縄切手(琉球切手)はアメリカ軍に統治されていた時代に流通していた切手という事でデザインが独特ということもあり、コレクター間でも人気が高く、価値の高い切手も数多く存在しています。
福ちゃんでは、日々多くの沖縄切手の査定依頼をいただいております。どのような状態の沖縄切手でも無料でしっかりと査定いたしますので、お気軽にお問合せください。

買取実例

沖縄切手の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

  • 沖縄 改訂加刷 100円
    大阪府
    宅配買取

    沖縄切手沖縄 改訂加刷 100円

    買取価格 ¥51,200

    こちらの改訂加刷100円は発行枚数が1万枚と少なく沖縄切手の中で、もっとも価値が高いと言われてる切手なります。
    福ちゃんにも滅多に買取依頼がない希少な切手だった為、買取価格はかなり頑張らせていただきました。 

  • 切手シート
    東京都
    宅配買取

    沖縄切手切手シート

    買取価格 ¥60,600

    沖縄切手の切手シートを多数お買取させていただきました。中には額面以上の価値がある切手シートも多数あったことから、福ちゃんが提示できる限界価格でお買取させていただきました。
    福ちゃんは在庫状況などにもよりますが、沖縄切手を高価買取いたします。

ご売却をご検討中なら
お問合せください!
有名な沖縄切手をご紹介

沖縄切手(琉球切手)の中でも価値が高いと言われている切手をご紹介させていただきます。また一覧でご紹介されていない沖縄切手でも買取可能な沖縄切手もありますので、お気軽にお問合せください。
※一覧の沖縄切手でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

  1. 植林記念切手

    植林記念切手

    植林記念切手は1951年に発行された切手で、琉球の五偉人「蔡温」の名が入っていることから「蔡温記念」切手とも呼ばれることがあります。図柄に使用されているのは琉球松ですね。植林記念切手は、沖縄切手の中でも価値の高い切手となります。

  2. 琉球大学開校記念切手

    琉球大学開校記念切手

    琉球大学開校を記念して1951年に発行された切手になります。首里城の跡地に大学が建てられたことから、図柄には琉球大学本館と首里城のシルエットが使用されています。ちなみに大学のデザインは大城皓也氏が務めています。

  3. 琉球政府創立記念切手

    琉球政府創立記念切手

    その名の通り、アメリカの統治下に置かれていた沖縄が琉球政府となったことを記念して発行された切手となります。発行年度は1952年、額面は3円で図柄には双葉・琉球列島・鳩が使用されています。美品は希少性が非常に高い切手となります。

  4. ドル表示数字切手

    ドル表示数字切手

    アメリカの統治下にあったことから発行された切手で、額面がドルまたはセントの切手となります。全部で10種類発行されており、額面によって価値が変わってきます。

  5. はと航空切手

    はと航空切手

    1950年に発行された切手で、図柄にはと・琉球列島が使用されています。
    額面は8円、12円、16円の3種類になりますね。額面によって価値が違うのですが、もっとも価値が高いのが8円切手と言われています。

  6. 天女航空切手

    天女航空切手

    羽衣を纏った天女が図柄に使用されている切手で、沖縄で使用されていた航空切手となります。
    1951年~1954年まで5種類の切手発行されており、1957年には凹版天女航空切手と呼ばれる切手も発行されています。

  7. 改訂加刷切手

    改訂加刷切手

    沖縄切手の中でもっとも価値が高いと言われてるのが、こちらの改訂加刷100円切手となります。100円切手は発行枚数が10000枚と非常に少なく未使用品の現存数は2000枚前後とも言われており、バラ切手でも高額な買取価格となります。

  8. 沖縄 第1次普通切手

    沖縄 第1次普通切手

    第1次普通切手は、1948年に灰白紙で発行された初版と1949年に白紙で発行された再版の2種類が存在しています。価値としては初版が圧倒的に高く、特に40銭と1円切手は沖縄切手の中でもトップクラスの高価格で取引されています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
切手を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの切手の買取価格を実現しています。

切手の種類別の買取実績

沖縄切手とは?

沖縄切手とはどんな切手?

沖縄切手の歴史や価値をご紹介いたします

沖縄切手は、かつて日本で発行されていた切手のうち、特に一時期の沖縄やその周辺地域でのみ郵便切手として使用されていたものを指します。
具体的には戦後、沖縄がアメリカの統治下にあった頃に発行されていた切手です。
「日本郵便」ではなく「琉球郵便」と表記されているのが大きな特徴で、日本円ではなくアメリカ統治下の沖縄でのみ使用できた疑似通貨の「B円」、またドルやセントといった米通貨の額面が印刷されたものもありました。

沖縄返還までの限られた年数しか発行されていないために希少価値を持つこと、日本本土で発行されてきた切手に比べてデザインが独特であることもあって、コレクターの間では高い価値を持つ切手として知られています。
1970年代初め、沖縄返還の前後には、切手の価値が上がることを見込んだ投機家や業者が買い占めたために一般にはほとんど流通せず、使用されなかったというエピソードも伝えられています。
切手は、一般的には未使用のものが高い価値を持ちます。しかし、上のような理由から1970年代初めの沖縄切手に限ってはむしろ、消印のついた使用済み切手のほうが珍しく、希少価値を持つということで珍重される傾向にあります。

沖縄切手の歴史

沖縄切手の歴史

1945年、沖縄は太平洋戦争でほぼ唯一の地上戦の舞台となり、終戦後、本島とその周辺の島々、また鹿児島県の奄美諸島はアメリカ軍の統治下に置かれました。
1972年の沖縄返還まで、アメリカの指導のもとで樹立した「琉球政府」が行政府として機能し、郵便制度も琉球政府が司ることになりました。
そんな中、1948年から沖縄切手の発行が開始されます。普通郵便に使用する普通切手のほか、航空郵便のための航空切手、「国家的」なイベントを記念した記念切手も発行されています。

記念切手としては、1951年に「琉球大学開校記念切手」が、1952年に「琉球政府創立記念切手」が発行されており、特にコレクターの間で高く評価されています。
また沖縄でセント、ドルといった米通貨が流通するようになると、ドル表示の切手も登場。
沖縄返還が宣言された1972年には、「沖縄返還協定批准記念5セント切手」が発行されています。切手を並べることで沖縄の現代史を俯瞰で見ることができる、と言えるでしょう。
1972年5月まで、24年の歴史の中で発行された「琉球郵便」と表記された沖縄切手は、約260種類に及びます。 なお、沖縄やその周辺で利用される切手ではありましたが、実際に製造を行っていたのは旧大蔵省印刷局(現・国立印刷局)でした。

価値ある沖縄切手とは?

価値ある沖縄切手とは?

1970年代の初め、沖縄返還が現実味を帯びるのと同時に沖縄切手の製造中止、そして価値の高騰が見込まれ、コレクターや投機家がこぞって購入に動き出す事態になりました。
そのこともプレミア化に拍車をかけ、現在では約260種のほとんどすべてが高価買取の対象であるといっても過言ではありません。
特に、1948年に第一次切手として発行されたものは独特の風合いが魅力的な灰白紙に印刷されており、高い価値を持ちます。
また、古い切手の上に新しく「100円」という額面を印刷して使用した「改訂加刷切手」も、高い価値を持つ沖縄切手のひとつとしてコレクターの間では有名です。
切手不足によって行われた苦肉の策ではありましたが、現在ではその希少性が高く評価されています。

沖縄切手は、状態が完璧とはいえないからといってあきらめる必要はありません。
もちろん汚れやヨレがない「美品」のほうがより高い価値を持つことは間違いありませんが、中には状態が良くない切手でも買取可能な切手も存在していおります。売却をお考えの方、査定を受けてみたいという方は、ぜひ一度お問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る