プライバシーマーク

航空切手買取なら【福ちゃん】へ!価値に見合った買取価格をご提示します。

航空切手買取
 

航空切手買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を

航空切手の買取なら福ちゃんにお任せください。
航空切手とはその名の通り「航空郵便専用に使用する目的で発行された切手の総称」です。
航空切手は世界中で発行されていますが、基本的に価値の高い切手は日本で過去に発行されていた航空切手となります。
福ちゃんでは、日本の航空切手であれば切手買取業界でもトップクラスの買取価格をご提示する自信がございます、ご売却をお考えの航空切手がございましたが、査定は無料となっていますので、お気軽にお問合せください。

買取実例

航空切手の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

  • 五重塔航空 銭位
    長野県
    宅配買取

    航空切手五重塔航空 銭位

    買取価格 ¥10,000

    こちらの五重塔航空切手は、額面が円位と銭位のものが存在していますが、お買取したのは銭位の切手シートなります。未使用の美品である切手シートは希少性も高いことからお客様も満足される高価格でお買取させていただきました。

  • 立山航空 銭位
    東京都
    宅配買取

    航空切手立山航空 銭位

    買取価格 ¥9,400

    航空切手の中でも価値が高いと言われいる銭位の立山航空をお買取いたしました。その他にも価値の高い日本切手を数多くご売却をいただいた為、買取価格は頑張らせていただきました。航空切手の買取なら切手買取実績が豊富な福ちゃんにお任せください。

ご売却をご検討中なら
お問合せください!
有名な航空切手をご紹介

日本の航空切手の中でも額面以上の価値があると言われている切手をご紹介させていただきます。また一覧でご紹介されていない航空切手でも買取可能な航空切手もありますので、お気軽にお問合せください。
※一覧の航空切手でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

  1. 芦ノ湖航空切手

    芦ノ湖航空切手

    芦ノ湖航空切手は、日本国内と日韓間の航空郵便用として日本で初めて発行された航空切手となります。1929年に8銭5厘、16銭5厘、18銭、33銭の4種類が発行され、その5年後の1934年に9銭5厘が発行されたことで、全部で5種類となりました。

  2. きじ航空切手

    きじ航空切手

    きじ航空切手は、戦後に航空郵便制度が再開された際に発行された最初の切手となります。凹版での単色印刷で図柄はその名の通りきじが使用されており、日本の航空切手の中(天女航空は除く)で図柄に航空機が使用されていない唯一の切手です。

  3. 五重塔航空切手

    五重塔航空切手

    五重塔切手は図柄には五重塔とダグラス機のDC-4型機が使用されています。額面表記が円位のものと銭位のものが存在しており、円位と銭位を合わせると全部で10種で、円位より銭位のほうが基本的に価値が高くなります。

  4. 立山航空切手

    立山航空切手

    立山連峰と航空機が図柄として使用されている切手で、五重塔航空と同じく額面表記が円位と銭位のものが存在し航空切手の中で、もっとも価値が高いと言われている切手となります。またこの切手が貼られた特定の郵便物は高価値のものが存在します。

  5. 大仏航空切手

    大仏航空切手

    一般的に発行された最後の航空切手シリーズで、他の航空切手よりも種類は少なく、4種完品となります。断定はされていませんが、図柄に使用されているのは鎌倉大仏と言われています。航空切手中ではあまり価値は高くありません。

  6. コイル航空切手

    コイル航空切手

    コイル切手とは左右に目打ちのない、まっすぐな状態の切手を指します。京都中央局内の新型自販機で販売する為に発行された切手ですが、本来は新図案の切手が発行される予定でした。その発行が遅れた為、五重塔航空30円切手が代用されました。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
切手を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの切手の買取価格を実現しています。

切手の種類別の買取実績

航空切手とは?

航空切手とはどんな切手?

航空切手の歴史や価値をご紹介いたします

航空切手とは、その名の通り航空郵便を使用する際、封筒に貼る専用の切手として発行されているものです。航空郵便は、特に海外宛てに郵便物を出す場合は最もスピーディに届けられるということで、国際化が進む現代では重宝されています。
バイク便やトラック便に比べてコストがかかるために高額になりがちで、航空切手の額面も普通切手に比べて高いという特徴があります。

現在、特に日本の航空切手は高値がつくコレクションアイテムとなっています。
1953年、日本では普通切手で航空郵便を利用することが可能になり、いわば普通切手に吸収される形で航空切手は廃止されました。
そんな航空切手は、ごく限られた年数しか発行されていないということで高い希少価値を持ちます。特に、当時のままの姿をとどめている「美品」は高価買取の対象となります。

航空切手の歴史

航空切手の歴史

先述の通り、日本では1953年に廃止された航空切手。わが国で初めてこのタイプの切手が発行されたのは1929年のことでした。
すでにその数年前から試験的に航空郵便の試みが行われていましたが、この年、正式に航空郵便制度が開始。以降、上下に2枚の翼をつけた複葉型のプロペラ機が使われた時代から、ジェット機が使用される現在まで、最もスピーディに郵便物を運べる方法のひとつとして活用されています。

空路を利用して物や手紙をやり取りするという試みは、近代以前から行われてきたものでした。
中世にはハトの帰巣本能を活用した伝書バトが使用され、また近代に入ってから気球が使用される時期があり、1910年代の初め頃、よりスピーディに海を越えた物のやり取りが可能になる航空郵便の運用が欧米でスタートしました。
1918年にはアメリカで世界初の航空郵便用の切手が発行され、盛んに利用されるようになりました。
日本では、すでに書いた通り航空切手は廃止されていますが(普通切手で航空郵便も使用できます)、現在も航空郵便専用の切手を発行し続けている国は少なくありません。

価値ある航空切手とは?

航空切手の価値とは?

日本の航空切手はすでに廃止されているため、現在ではその存在自体が価値を持つコレクションアイテムとなっています。ものによっては、バラ切手でも価値が高い切手も存在しています。

例えば立山航空切手は55円~160円の切手が発行されていますが、それぞれ「円位」「銭位」の2種類が出ている点がポイントです。160円切手の場合には「160」と表記された円位の切手、また100銭で1円となる銭を基本にした「16000」と表記された銭位の切手があります。
1953年には、それまで使用されていた「銭」や「厘」といった小額単位が法律によって廃止され、以降は切手の額面も「円」のみになりました。そんな事情もあって、ギリギリの前年に発行された銭単位の立山航空切手は、円位の切手に比べ価値が高い切手となっています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る