プライバシーマーク

切手趣味週間買取なら【福ちゃん】へ!価値に見合った買取価格をご提示します。

切手趣味週間買取
 

切手趣味週間買取なら
福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を

切手趣味週間の切手買取なら福ちゃんにお任せください。
切手趣味週間は1947年から切手収取の普及を図る為に、ほぼ毎年発行されているシリーズ切手となります。
「見返り美人」「月に雁」など日本切手の中でも知名度が非常に高い切手が多く含まれています。査定依頼も今までに多くご依頼いただいている切手シリーズで、買取実績も豊富にございます。切手趣味週間のご売却をお考えのお客様は、査定は無料となっておりますので、福ちゃんにぜひご依頼くださいませ。

買取実例

切手趣味週間の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

  • 見返り美人切手シート
    岡山県
    出張買取

    切手趣味週間見返り美人切手シート

    買取価格 ¥12,000

    見返り美人切手は数多くある日本切手の中でも、もっと知名度が高い切手で、買取価格も高騰時に比べると減少してきていますが、まだまだ高額切手の1つと言えます。ご売却をお考えのお客様は、ぜひ福ちゃんにお任せください。

  • 切手シート・バラ切手
    神奈川県
    宅配買取

    切手趣味週間切手シート・バラ切手

    買取価格 ¥54,000

    切手趣味週間の市川海老蔵、ビードロを吹く娘の切手シートを中心に多くの日本切手をご売却していただきました。一枚で数万円以上の切手はありませんでしたが、枚数が非常に多かった為、お客様にもご満足いただける買取価格をご提示できました。

ご売却をご検討中なら
お問合せください!
有名な切手趣味週間をご紹介

日本の切手趣味週間の中でも額面以上の価値があると言われている切手をご紹介させていただきます。また一覧でご紹介されていない切手趣味週間の切手でも買取可能な切手もありますので、お気軽にお問合せください。
※一覧の記念切手でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

  1. 見返り美人

    見返り美人

    1948年に発行された切手で、菱川師宣により描かれた「見返り美人図」が図柄として使用されています。切手趣味週間の中でも価値、知名度がもっとも高い切手で、買取価格も期待できる切手となります。

  2. 月に雁

    月に雁

    1949年に発行された切手で、歌川広重の「月に雁」が図柄として使用されています。見返り美人と並び切手趣味週間を代表する切手で、シートであれば、価値が非常に高い切手となります。

  3. ビードロを吹く娘

    ビードロを吹く娘

    1955年に発行された切手で、図柄には、喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘」が使用されています。略してビードロ切手とも呼ばれており、シートで美品であれば、価値も高くなってきます。

  4. 市川海老蔵

    市川海老蔵

    東洲斎写楽の浮世絵の「市川蝦蔵」が図柄として使用され1956年に発行された切手となります。発行枚数が550万枚と多いため、美品と呼べる状態のものが、現在も多く残っています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
切手を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの切手の買取価格を実現しています。

切手の種類別の買取実績

切手趣味週間とは?

趣味週間とはどんな切手?

趣味週間の歴史や価値をご紹介いたします

郵便料金の前納を証明するために封筒、ハガキに貼る切手は実用品であり、同時に趣向をこらしたデザインの図柄を小さなスペースの中に刷り込んだ「小さな美術品」としての側面も持ちます。
そんな切手の美術的な側面に光を当てた「切手コレクション」の趣味は歴史が深く、海外では“King of hobby”といわれるほどです。
日本では戦後、豊かになっていく経済成長の中で切手コレクションの趣味が流行。古い年代の切手やデザイン性が優れた切手を求め、現在も多くのコレクターがその趣味を楽しんでいます。

「切手趣味週間シリーズ」は、そんな切手コレクションの趣味を奨励するための「切手趣味週間」を記念して発行されている記念切手です。

切手趣味週間の歴史

切手趣味週間の歴史

1947年、「切手趣味週間」の取り組みが逓信省によって開始され、記念切手の第1号が発行されました(現在は日本郵政が引き継いでいます)。
第1号は、葛飾北斎の浮世絵『山下白雨』を図案化した普通切手を小型シートにまとめたもの。オリジナルの切手が発行されるようになるのは翌1948年からのことでした。
1950年~1953年の4年間は発行されなかったものの、1954年には奈良・法隆寺の観音菩薩像が刷られた特殊切手「第2次動植物国宝切手シリーズ」を収集用の小型シートにまとめたものが発行され、再開されました。
以降、現在に至るまで毎年の切手趣味週間に合わせてオリジナル切手が発行されています。

そんな中、特に有名なのは1948年に初のオリジナル切手として発行されたもの。
江戸時代の初めに菱川師宣によって描かれた浮世絵の傑作『見返り美人図』を図案化した切手であり、「切手趣味週間といえば“見返り美人”」といわれるほど、シンボル的な存在となっています。
1991年の切手趣味週間には、「郵便事業120周年」を記念して再びこの作品をあしらった切手が発行されました。
1色刷りの1948年版とは異なり、こちらは色あざやかな多色刷りで仕上げられているのが特徴です。

価値ある切手趣味週間シリーズとは?

価値ある切手趣味週間シリーズとは?

骨董品、コレクションアイテムの価値を左右するのはその品が持つ歴史の長さ、希少性の高さ、そして状態の良さです。切手の場合も同じで、特に歴史があり、希少性が高い古い年代のものが高価買取の対象となる傾向にあります。

切手趣味週間に合わせて発行される切手の場合、1948年版の『見返り美人図』を図案化した切手、またその翌年(1949年)に発行された、歌川広重の浮世絵『月に雁』を図案化した切手が特に高い価値を持ちます。
煌々と輝く満月をかすめて飛ぶ雁の群れが描かれた『月に雁』は、羽ばたく雁の躍動感、清らかで神秘的な雰囲気をたたえた月光の静けさが同時に表現された、美術史にその名を残す傑作。これを図案化した切手は、希少性の高さのみならず美術性の高さも評価されています。
1954年、しばしの中断を挟んだあとで発行された、法隆寺の観音菩薩像を図案化した切手も高値で取引されています。もとは日本の美しい動植物、国宝を図案化する切手シリーズの一環として製造された特殊切手でしたが、切手趣味週間の再開に合わせて記念切手として発行されたものです。これらの切手は破れやヤケ、折れなどがない新品同様の「美品」に近ければ近いほど、価値が高まります。

同じ切手でも、「バラ切手」「切手シート」では価値が異なる場合があるというのも留意しておくべきポイントといえるでしょう。
具体的には、バラの切手よりもシートタイプでまとめられているもののほうが高い価値を持ちます。
家にある「美品」と考えられる切手シートの査定をお考えの方は、透明フィルムで保護したうえで劣化の原因になる湿気も防ぐストックブックなどを使用し、大切に保管することをおすすめします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る