プライバシーマーク

年賀切手買取なら【福ちゃん】へ!価値に見合った買取価格をご提示します。

年賀切手買取
 

年賀切手買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を

年賀切手やお年玉切手シートの買取なら福ちゃんにお任せください。
福ちゃんでは日々多くの年賀切手(お年玉切手シート)を買取させていただいており、どこよりも豊富な買取実績がございます。
特に価値の高いと言われている昭和初期の年賀切手は業界トップクラスの買取価格をご提示する自信がございます。
年賀切手であれば、どんな切手でもしっかりと査定させていただきます。ご売却をお考えの年賀切手がございましたら、査定は無料となっていますので、お気軽にお問合せください。

買取実例

年賀切手の買取価格に
自信あり!買取実例をご紹介します

  • お年玉小型シート 多数
    東京都
    宅配買取

    年賀切手お年玉小型シート 多数

    買取価格 ¥42,000

    ご売却いただいたお年玉年賀切手の小型シートの中には年賀切手の中でも価値が高い小型シートも多く、昭和~平成にかけて100枚以上の小型シートをご売却していただいた為、買取価格はかなり頑張らせていただきました。

  • 応挙のとら 小型シート
    愛知県
    宅配買取

    年賀切手応挙のとら 小型シート

    買取価格 ¥6,500

    日本の年賀切手の中では、もっとも価値が高いと言われている「応挙のとら」の小型シートを2枚ご売却していただきました。お客様は切手のコレクターの方でしたが、福ちゃんの買取価格にご満足頂けたようで、他にも希少な切手を数多くご売却していただけました。

ご売却をご検討中なら
お問合せください!
有名な年賀切手をご紹介

日本の年賀切手の中でも額面以上の価値があると言われている切手をご紹介させていただきます。また一覧でご紹介されていない年賀切手でも買取可能な年賀切手もありますので、お気軽にお問合せください。
※一覧の年賀切手でも在庫状況などにより買取できない場合もございます。

  1. 年賀切手 富士山

    年賀切手 富士山

    1935年に日本で初めて発行された年賀切手で渡辺崋山の「富嶽之図」が図柄として使用されています。日本の年賀切手の中ではトップクラスの価値がある切手で田型やシートであればかなりの高額価格で取引されます。

  2. 年賀切手 二見ケ浦

    年賀切手 二見ケ浦

    1936年に発行された年賀切手となります。額面は1.5銭で、図柄には三重県の夫婦岩が描かれています。発行枚数は多いものの戦前の切手ということもあり、美品状態の切手はあまり残っていない為、年賀切手の中では価値の高い切手となります。

  3. 年賀切手 しめ飾り

    年賀切手 しめ飾り

    戦前に発行された最後の年賀切手となります。額面は2銭で図柄にはお正月らしいしめ飾りが描かれています。発行枚数は約3億枚と非常に多いですが、日中戦争などの影響で年賀状の差出が控えられた為、半分以下しか売れなかったと言われています。

  4. 年賀切手 羽根つき

    年賀切手 羽根つき

    昭和24年用の年賀切手は戦後初めて発行された年賀切手で、図柄は振袖の女の子が羽根つきをしている絵が描かれています。発行枚数は戦後ということもあり、750万枚と戦前の年賀切手に比べると非常に少なくなっています。

  5. 年賀切手 応挙のとら

    年賀切手 応挙のとら

    1950年発行された切手で図柄には円山応挙の龍虎の図が使用されています。この年賀切手は、通常の切手よりもお年玉小型シートが有名で発行枚数が約90万枚と少ないことから価値が非常に高い切手となっています。

  6. 年賀切手 少女と兎

    年賀切手 少女と兎

    昭和26年の干支が兎ということもあり、図柄には少女が兎を抱く絵が描かれています。応挙のとらと同じくもお年玉小型シートが価値が高く、この年から昭和46年まで小型シートは同じ構成(デザイン)となっています。

  7. 年賀切手 翁の面

    年賀切手 翁の面

    昭和27年用に発行された年賀切手ですが、お正月を過ぎた1月16日に発行された少し珍しい切手です。この年から額面が今までの2円から5円に引き上げられています。通常切手、小型シート共に前年の「少女と兎」と同等の価値となります。

  8. 年賀切手 三番鼠人形

    年賀切手 三番鼠人形

    図柄は切手図案家の加曾利鼎造氏が描いた三番鼠人形が使用されています。この人形は江戸人形の一つで読み方は「さんばそう」となります。年賀切手はこの単色の切手以外の切手は小型シートでも価値が極端に低くなります。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
切手を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの切手の買取価格を実現しています。

切手の種類別の買取実績

年賀切手とは?

年賀切手とはどんな切手?

年賀切手の歴史や価値をご紹介いたします

年の初めに親しい人々に心を込めたメッセージを書いて贈る年賀状。切手不要の年賀ハガキが主流ですが、日本郵便では手作りの年賀状をしたためる方向けに、私製ハガキ用の年賀切手を発行しています。普通切手とは用途が異なる「特殊切手」のカテゴリーに含まれる切手です。
年賀の挨拶にふさわしいデザインになっているのが特徴で、日本初の年賀切手には雲海の上にそびえる堂々たる富士山が描かれました。
以降、元旦の玄関先に飾る「しめ飾り」や江戸時代におめでたい席で飾られた「三番叟人形」など、元旦やお祝いにちなんだデザインの年賀切手が発行されています。
特に近年は、その年の干支を図案化したものが見られます。

そんな年賀切手は、限られた期間しか発行されないということもあって希少性があり、切手コレクションの対象となります。特に古い年代の年賀切手の中には、未使用であればシート1枚で数千円の価値がつくものもあります。

年賀切手の歴史

年賀切手の歴史

日本初の年賀切手は、昭和初期の1935年(昭和10年)に発行されています。
当時は、普通の手紙も年賀状を含む時候の挨拶もすべて私製の手紙でまかなうのが一般的でした。
しかし昭和に入ってから年賀状の文化が流行し、数ある手紙の中から年賀状だけを選んで元旦に配達できるようにするのは大変な仕事となりました。
この作業をよりスムーズに進めるために考案されたのが年賀切手です。

しかしその2年後の1937年、日中戦争が始まって自粛ムードが蔓延する戦争の時代を迎えたことで、発行は中断。戦後しばらく経った1949年にあらためて再開し、以後毎年発行されています。
ちなみに、1949年には初めて切手不要の「年賀ハガキ」も登場しました。

1954年からは、それまでの紅色の単色刷りで仕上げられていたものに変わり、多色刷りの年賀切手が発行されるようになりました。
2色刷りから4色刷りへ。そして現在、よりカラフルな年賀切手が元旦の年賀状に彩りを添えています。

価値ある年賀切手とは?

価値ある年賀切手とは?

切手の価値は、発行された年によるところが大きいといえます。
年賀切手の場合は、1935年末、翌年の元旦に届く年賀状に貼るための切手として国内で初めて発行された「昭和十一年年賀用切手」が、特に高い価値を持ちます。
江戸時代に活躍した日本画家・渡辺崋山が富士山を格調高く描いた『富嶽之図』を図案化し、その周辺に松・竹・梅を配した堂々とした趣のあるデザインが特徴的な切手です。
初の年賀切手に対する物珍しさもあって多くの人が購入し、使用したために未使用のものが極端に少なく、数ある切手の中でも最高級の価値を誇ります。
また、戦争の時代に突入する直前の1937年に発行された「昭和十三年年賀用切手」は、発行数が少なかったこともあって高価買取が期待できる年賀切手のひとつです。
元旦、玄関先に設置するしめ飾りをデザインしたもので、気品のあるシャープな雰囲気が印象的です。
1949年、戦後に初めて発行された「昭和二十四年年賀用切手」も発行数が少なく、そのために希少価値が高い切手とされています。
可憐な晴れ着姿の少女が元旦に羽根つきで遊ぶ姿を描いたもので、戦後の世の中に対するほのかな希望が匂い立つデザインが目を惹きます。

これらの年賀切手は、状態が良ければ高価買取が期待できます。
特に日本初の年賀切手は、驚きの高価格が保証された年賀切手だといっても過言ではありません。
また、1954年より前に発行された単色刷りのものが、多色刷りの年賀切手より高い価値を持つというのも年賀切手の特徴です。
なお、1枚ずつ切り離していない未使用のシートタイプのほうが、バラ切手よりも高い価格が提示される傾向にあります。査定や売却をお考えの方は、なるべく良い状態をキープするため、透明フィルムにはさんで鑑賞しつつ切手を保護できるストックブックなどを用いることをおすすめします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る