プライバシーマーク

赤十字条約成立75年記念切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【赤十字条約成立75年記念切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 赤十字条約成立75年記念切手

    「赤十字条約成立75年記念切手」を買取しました

    リピーターのお客様より、「赤十字条約成立75年記念切手」など切手をメインに、使わなくなったブランド品も一緒にお売りいただきました。2銭と10銭は「地球と赤十字」、4銭と20銭は日本赤十字社の創立者「佐野常民」がイラストに描かれている切手として有名ですね!
    「赤十字条約成立75年記念切手」は10銭・20銭切手が最も価値が高いですが、今回のお買取品の中にはこんでの良い20銭切手も含まれていました。もう使わなくなったという、エルメスやルイヴィンなどのブランド品も一緒にお買取しました。総合買取の福ちゃんをリピートしていただき、ありがとうございました!

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    前回も使わなくなったブランド品を売らせていただいたんですが、その時に切手買取もしてくれることを知り、今回査定をお願いしました。無料で出張査定に来てもらっても、買取希望額が合わなければ、無料でキャンセルすることもできるのは良いですね!
    切手を中心に買取してもらいましたが、今回もブランド品も一緒にまとめて売らせてもらいました。使わなくなったものや使わないものを整理できるうえに、お金までもらえるのは便利でよいサービスだと思います。また機会があれば、ぜひお願いしたいと思います。

「赤十字条約成立75年記念切手」はどんな切手?

国際赤十字社が発足され、75年経った事を記念として、1939年の11月に発行された記念切手が赤十字条約成立75年記念切手です。
赤十字条約成立75年記念切手の額面は2銭、4銭、10銭、20銭の計4種類。それぞれ異なる色で印刷されており、2銭と10銭、4銭と20銭でデザインされている柄も異なります。2銭と10銭切手の絵柄には地球と赤十字のデザインが描かれ、4銭と20銭切手の絵柄には佐野常民の肖像画が採用されています。

佐野常民という人物は日本赤十字社の創設者。”日本のアンリデュナン”とも呼ばれている人物です。
1877年に起こった西南戦争の惨状に悲嘆した佐野常民は戦場である熊本へと赴き、敵味方なく負傷者の救護にあたりました。その際”博愛社”を創設、これが赤十字事業前身となりました。

赤十字条約成立75年記念切手は2銭、4銭切手の価値は低い傾向にありますが、10銭、20銭気伝手は2銭、4銭切手に比べ発行数が少ないため希少価値がついています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)