【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 宅配買取サービスについて 】
現在、宅配買取サービスの受付を停止させていただいています。詳しくは『宅配買取サービス一時停止のお知らせ』をご覧ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

東京切手展記念切手買取ならお任せください!

記念切手買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

記念切手買取

記念切手売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

東京切手展記念切手とは?

東京切手展記念切手は、1947年に発行された記念切手です。

名称通り、東京切手展というイベントの開催を記念して作られた切手で、奈良県の法隆寺が描かれたものとなっています。

こちらは記念品として作られたためか、バラ切手での販売は行われませんでした。1シート15枚の構成で、横に長い形状であるという特徴を持ちます。

目次

東京切手展記念切手の歴史

東京切手展記念切手

東京切手展(正式名称は「郵便切手を知る展覧会」)は、1947年に東京・日本橋で開催されました。
開催は1週間のみだったにもかかわらず、来場者数は26万人を達成。この記録的な数字を記念して、東京切手展記念切手が制作されることになりました。

なお、開催地は東京でしたが、デザインに選ばれたのは奈良県の法隆寺五重塔でした。

これは、「普通切手の法隆寺が人気だったから」という理由で選ばれたといわれており、特定の地域の歴史的建築物が記念切手の小型シートとして採用されたのは初めてのことだったといいます。

東京切手展記念切手の種類

東京切手展記念切手

前述のようにデザインは1種のみとなっていますが、シートの左端には「郵便切手を知る展覧会記念」と文字が書かれ、文字の周りを葉で縁取ったデザインが印刷されています。

デザインのもとになった普通切手の「法隆寺五重塔」は額面が30銭で紺色の単色刷りしたが、この記念切手のほうは額面が20銭で、色は黄緑色に変更されています。

ちなみに、この切手は横長の仕様であることから、切手コレクターからは「うなぎ」という愛称で親しまれています。
また1940年代の切手の中では比較的高い価値を持つのが特徴で、状態の良いものであれば高価買取も期待できます

おかげさまで
買取実績 800万点突破

東京切手展記念切手の買取なら
福ちゃんにお任せください!

切手は長期保存の難しいアイテムですが、美品であれば買取値段が上がる切手も存在しますので、切手に詳しい査定員の在籍する福ちゃんにお任せください

お客様に満足していただける買取になるよう従業員一同、力を入れて査定させていただきます。

キャンペーン開催中
【キャンペーン対象条件】
1. 期間中にお申込みいただいた方
2. ご訪問時に査定したお品物の査定額に対してご成約にいたった場合、下記条件に沿って買取金額アップ

① 買取金額の合計10,000円以上:当日の買取金額に対して5%UP

② 買取金額の合計20,000円以上:当日の買取金額に対して10%UP

店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外 他のキャンペーンとの併用は不可
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。