【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 「トケマッチ」未返却時計について 】
時計シェアリングサービス「トケマッチ」未返却時計に関して詳しくは『「トケマッチ」未返却時計について』をご確認ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

第1回社会事業共同募金切手買取ならお任せください!

記念切手買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

記念切手買取

記念切手売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

第1回社会事業共同募金切手とは?

第1回社会事業共同募金切手は、1947年に発行された記念切手です。

この切手は寄付金付きの切手で、額面は「120+80(1円20銭+80銭)」となっています。

また、「community chest(共同募金)」と書かれた球体のマークが中央に描かれており、その上に「社会事業共同募金」と明記されています。

目次

第1回社会事業共同募金切手の歴史

第1回社会事業共同募金切手

社会事業共同募金は、現在では「赤い羽根募金」として知られる社会福祉事業です

この事業を後押しするために、第1回社会事業共同募金切手が発行されました。寄付金付きの切手であり、寄付金が事業にあてられる予定になっていました。

ただし、発行された1947年は国民の生活を苦しめた長い戦争が終わってようやく2年が経過した頃で、当時は切手を買って社会事業に貢献するよりもまず今日の食事を心配しなければならないような人も少なくありませんでした。

そのような事情もあり、第1回社会事業共同募金切手は1000万枚が発行されたものの、相当数が売れ残ったといいます。

ちなみに「第1回」としていますが、翌年には名称を変更した「共同募金・赤十字募金運動切手」が発行されており、第2回、第3回……と続くことはありませんでした。

第1回社会事業共同募金切手の種類

第1回社会事業共同募金切手

第1回社会事業共同募金切手は「1円20銭+80銭」の1種類のみです。

大きく描かれた球体は募金のシンボルマークで、上から「社会事業 共同募金」「community chest」という文字が記されている他、額面を示す「壱円弐拾銭」の文字があります。

また、寄付金を示す「120(20に下線)+80」という記載もあります。

ちなみに、前述のように1000万枚ほど発行されたもののかなり売れ残ったということもあり、残存数が多く希少価値はそれほど高くありません。
とはいえ、歴史的な価値がある切手であることに違いはありません

おかげさまで
買取実績 800万点突破

第1回社会事業共同募金切手の買取なら
福ちゃんにお任せください!

切手は長期保存の難しいアイテムですが、美品であれば買取値段が上がる切手も存在しますので、切手に詳しい査定員の在籍する福ちゃんにお任せください

お客様に満足していただける買取になるよう従業員一同、力を入れて査定させていただきます。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。