【 電話システムメンテナンスについて】
1/11(水)9:00~10:30の間、電話システムのメンテナンスに伴いお電話が聞き取りづらいなどの事象が発生することがございます。

【 「トケマッチ」未返却時計について 】
時計シェアリングサービス「トケマッチ」未返却時計に関して詳しくは『「トケマッチ」未返却時計について』をご確認ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

別府観光記念切手買取ならお任せください!

記念切手買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

記念切手買取

記念切手売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

別府観光記念切手とは?

別府観光記念切手は1949年に発行された特殊切手です。
戦後初の観光記念切手として知られていますが、この切手の発行のあとシリーズ化することはありませんでした。

別府観光記念切手は2円と5円、両額面に別府港と高崎山が描かれた図案が採用されており、2円のほうは縁取りが赤色、5円のほうは縁取りが緑色となっています。

当初は別府と東京の麻布、2拠点のみの販売となっていましたが、発行から1年後、全国販売されることとなりました。

目次

別府観光記念切手の歴史

別府観光記念切手

別府観光記念切手は、戦後初めて「観光地シリーズ」として発行された特殊切手です。

描かれている別府港は明治初期に完成しており、貨客船が運航するようになると別府市は「温泉都市」として高い人気を集めるようになりました。

ちなみに「別府観光記念切手」と呼ばれている理由は、観光記念切手として最初で最後であるという点にあります。

実はこの切手、シリーズ切手としてさまざまな観光地を取り上げる予定だったのですが、初回の「別府」で打ち切りになったという経緯があるのです。このエピソードは切手界で非常に有名な話となっています。

別府観光記念切手の種類

別府観光記念切手

別府港を航走する貨客船と、背後にそびえ立つ高崎山が印象的な別府観光記念切手。こちらの切手は2円と5円が発行されていますが、どちらも同じ図案を用いています。

デザインは福岡県出身の洋画家中村研一で、彼の写実的な画風は高く評価されていました。
なお、貨客船がこれほどリアルに描かれているのは、「中村氏が渡英する際に重巡洋艦に乗ったというエピソードが関係しているのではないか」という見方もされています。

ちなみにこの切手はシート状、また目打ちミスや発行初日の消印が押されたものにも高い価値があるといわれています。

おかげさまで
買取実績 800万点突破

別府観光記念切手の買取なら
福ちゃんにお任せください!

切手は長期保存の難しいアイテムですが、美品であれば買取値段が上がる切手も存在しますので、切手に詳しい査定員の在籍する福ちゃんにお任せください

お客様に満足していただける買取になるよう従業員一同、力を入れて査定させていただきます。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。