【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

日本貿易博覧会切手買取ならお任せください!

記念切手買取

記念切手買取

記念切手売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

日本貿易博覧会切手とは?

日本貿易博覧会切手は1949年に発行された切手です。

横浜市で開かれた大規模な貿易博覧会を記念し作られた記念切手で、図案には博覧会のシンボルである記念塔が大きく描かれています。

この切手自体は1種類のみの発行となっていますが、「目打ち」と呼ばれる点線状の穴があるものとないものの2種類が存在しています。

目次

日本貿易博覧会切手の歴史

日本貿易博覧会切手

1947年、三重県で戦後復興を祈り開催された小さな博覧会がきっかけとなり、全国各地で同様の博覧会が開かれるようになりました。

翌年3月、神奈川県と横浜市が主催となり「日本貿易博覧会」を開催。

この開催記念として発行されたのがこの「日本貿易博覧会切手」で、当時はこの切手以外に絵葉書やマッチなどの記念品も販売されました。

なお、この博覧会はGHQの許可を得て開催されており、第二会場となる神奈川会場ではアメリカの生活用品や科学製品、衣類や映画なども展示されていたという記録も残っています。

また、当時の入場者数は300万人を超え大盛況を呼びましたが、その背景には9000万円以上の赤字があったといいます。

日本貿易博覧会切手の種類

日本貿易博覧会切手

日本貿易博覧会の切手は1種類で、額面は5円のみ。図案には「日本貿易博覧会記念」の文字と記念塔が描かれたものが用いられ、赤色単色刷りととなっています。

なお、この切手は20面シートと50面シートが発行されており、目打ちありのものが300万枚、「無目打ち」と呼ばれるものが200枚発行されました。

現在では「目打ちがあるもののほうが価値が高い」とされているようですが、無目打ちでもシート状で保管されているものなど「美品」と呼ばれる状態であれば高価買取が期待できるでしょう。

おかげさまで
累計買取実績800万点突破

※2014年7月〜2022年8月の合計買取点数(当社集計)

日本貿易博覧会切手の買取なら
福ちゃんにお任せください!

切手は長期保存の難しいアイテムですが、美品であれば買取値段が上がる切手も存在しますので、切手に詳しい査定員の在籍する福ちゃんにお任せください

お客様に満足していただける買取になるよう従業員一同、力を入れて査定させていただきます。

買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)