【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 「トケマッチ」未返却時計について 】
時計シェアリングサービス「トケマッチ」未返却時計に関して詳しくは『「トケマッチ」未返却時計について』をご確認ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

東京大学創立75年記念切手買取ならお任せください!

記念切手買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

記念切手買取

記念切手売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

東京大学創立75年記念切手とは?

東京大学創立75年記念切手は1952年に発行された切手です。

名称通り、東京大学の創立75年を記念して発行されたもので、額面は10円。切手には同校の「安田講堂」が描かれています。

この切手は現在の中古市場でも安定した需要があり、美品であれば高価買取が期待できるといわれています。

目次

東京大学創立75年記念切手の歴史

東京大学創立75年記念切手

難関大学として有名な東京大学の歴史は古く、はじまりは旧幕府が管轄していた昌平坂学問所、開成所、医学所が統合されてできた大学校でした。

1974年4月12日、度重なる組織改編によって、これらを統合した「東京大学」が設立されます。

物理学、化学、医学や獣医学など、さまざまな学科をトップレベルの環境で学べる国立大学として有名な東大は高度経済成長期以降、受験戦争の象徴的存在となっています。

東京大学創立75年記念切手」に描かれている安田講堂は1925年に完成。近代的な建築が特徴的な安田講堂は東大のアイコン的存在となっています。

東京大学創立75年記念切手の種類

東京大学創立75年記念切手

東京大学創立75年記念切手は額面、図案ともに1種類のみです。

ちなみに、この図案の撮影者は東京大学元教授・三島良績氏です。三島氏は原子力工学の研究をしていた学者で、切手収集を趣味とする一面もあったといいます。

彼の協力のもと完成した東京大学創立75年記念切手の発行枚数は300万枚。

記念切手の発行数としては特段少ないものではありませんが、現在も切り離しのないシート状切手など「美品」には高い価値がつくとされています。

なお、バラ切手であっても状態によっては高価買取が実現する場合があるので、お持ちの方はぜひ一度査定を受けてみてください。

おかげさまで
買取実績 800万点突破

東京大学創立75年記念切手の買取なら
福ちゃんにお任せください!

切手は長期保存の難しいアイテムですが、美品であれば買取値段が上がる切手も存在しますので、切手に詳しい査定員の在籍する福ちゃんにお任せください

お客様に満足していただける買取になるよう従業員一同、力を入れて査定させていただきます。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。