プライバシーマーク

竜銭切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【竜銭切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 竜銭切手

    「竜銭切手」を買取しました

    奈良県生駒市新生駒台に在住のリピーターのお客様より、大量の切手コレクションをお買取しました。価値の高い切手が多く見受けられましたが、その中でも特にご紹介させていただきたいのが「竜銭切手」です!
    竜切手の中でもかなりのプレミアが付いており、切手コレクターにも人気が高いことで知られています。明治5年(1872年)に発行されましたが、この頃に通貨単位の「円」が導入され、額面を変える必要があったことから発行されたのが「竜銭切手」です。すぐに後継の切手が発行されたため、製造期間が極めて短く、残存数多くないことから希少価値がとても高い切手です。
    今回お買取したのは額面が半銭のものでしたが、印刷のコンディションもよいお品物でしたので、精一杯高くお買取させていただきました!

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    今回も福ちゃんで切手を売らせていただきました。前回、宅配買取を使って切手を買取してもらいましたが、そのときに思っていたよりも高価買取してもらえたからです。家族が集めていた切手を買取に出しているだけなので正直、私自身は切手の価値はあまりわかりません。
    竜銭切手の価値も、今回初めて知ったぐらいです。大量の切手を売ったこともあるでしょうが、今回も切手を高価買取してもらうことができ満足しています。切手を売るんだったら、福ちゃんはかなりお勧めですね。

「竜銭切手」はどんな切手?

日本で初めて発行された竜文切手に続いて発行されたのが竜銭切手です。二番手に発行された切手なので、竜文切手と同じく高い知名度を誇る切手です。
竜銭切手は竜文切手と同様に”竜切手”としてカテゴライズされており、竜文切手の額面が”文”に対して、竜銭切手の額面は「銭」。種類としては半銭、1銭、2銭、5銭の計4種類が発行されました。

竜銭切手が発行された後、すぐに桜切手が発行されたため竜銭切手は出回っている数そのものが少なく、希少性がとても高い切手となっており、その分高値がつきやすきなる切手でもあります。

額面ごとに発行されてる枚数が異なるため、それによっても価値が変わる竜銭切手ですが、印刷のコンディションによってもその価値は大きく変わります。
価値が変わるポイントは様々で、「絵柄に縞が入っているかいないか」「図柄に対して余白がバランスよく空いてるか否か」などといった箇所で大きく竜銭切手の価値は変わるのです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)