プライバシーマーク

鳥切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【鳥切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 鳥切手

    「鳥切手」を買取しました

    「売りたいものがたくさんあるので来て欲しい」とご要望受け、埼玉県さいたま市与野町のお客様宅まで出張買取にお伺いしました。自宅で眠っていたという切手を中心に、ブランド、時計、古銭など、幅広くお売りくださいました。
    お買取品の中でも気になったのが、「鳥切手」ですね。日本で4番目に発行された切手として知られるほど古い切手で、切手収集家の中では有名なプレミア切手です。鳥切手については下記の概要で詳しくご紹介しますが、今回お買取した鳥切手はお宝切手として重宝されている「額面が12銭の雁切手」です。プレミア切手として価値をしっかりと査定額に反映させていただきました!
    切手をはじめ、幅広い買取ジャンルがあるのも総合買取福ちゃんの強みです。

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    今回は多くの品物を買取していただき、ありがとうございました。せっかく自宅まで来てもらうので、不要になったものを家族から集めて買取をお願いしました。特に切手は「高く買ってもらえた」と主人が喜んでおりました。
    自宅まで査定に来てもらっても、出張料や査定料などの手数料はいっさい請求されませんでした。売りたいものを用意してお待ちしているだけでよかったので、本当に楽でした。特に売りたい品数が多い場合、福ちゃんの出張買取はオススメできますね~。

「鳥切手」はどんな切手?

1875年の元旦に発行された鳥切手は、国際郵便の開始にあたって額面が決定されている普通切手になります。
額面の種類は12銭、15銭、45銭の計3種類があり、特にこの3種類の中でも12銭の雁切手は希少価値の高い切手で、プレミア価格がつくお宝切手とされています。

鳥切手は日本で4番目に発行されて非常に古い切手でもあり、そのため鳥切手自体が非常に高い価値を持っている切手といえます。
鳥切手は印刷技術を向上させるにあたって、最後の手彫り切手でもあります。最後の手彫り切手として鳥切手は非常に有名で、手彫り切手の愛好家より今でも根強い人気を彫っている切手なのです。
また、鳥切手に導入されている”カナ表記”は支払いの手違いを未然に防ぐために入れているもので、「イ」「ロ」「ハ」の3種類がありますが、これによっても価値が異なり、鳥切手に価値をつけるのは複雑となっております。

古い切手である鳥切手は美品であること自体が非常に珍しいため美品かつ、プレミアがつく種類なら1枚で5万円ほどの価値が付くとされています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)