【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

菊切手買取ならお任せください!

【菊切手】

買取実績と情報をご紹介します!

菊切手の買取をご利用されたお客様の声

画像:菊切手 50銭

引っ越しをすることになり、祖父が譲ってくれた切手アルバムを買取してもらいました。どこの会社に切手の買取を依頼しようか迷っていましたが、サイトを見た所、信頼できそうな印象を受けたので、家族に相談の上、福ちゃんに決定。最初は宅配でお願いしようと思っていたのですが、買取申し込みの時に他にも色々と価値のありそうな物はすべて手放したくて、部屋に用意しておいて、査定してもらいました。
切手は詳しくありませんが、中には菊切手というのがあり、額を合わせると思っていたより高く買取してもらえたのでとても嬉しかったですね。他の骨董関係なども良い値段で助かりました。これで少しでも引っ越しの費用にしたいと思います。

査定士より 菊切手の買取なら福ちゃんにおまかせください

この度は切手買取福ちゃんをご利用いただきありがとうございます。東京都世田谷区のお客様から、お買取りしたたくさんの切手の中に「菊切手」がございましたので、大変驚きました。

画像:菊切手 6枚 画像:菊切手 ページ全体画像

「菊切手」は1871年発行で「銭四十八文」「銭百文」「銭二百文」「銭五百文」と4種類の額面が存在し、日本で初めて発行された切手です。全て手作業で作られており、プレミアの付く、希少価値の高い切手になります。今回お買取りした「菊切手」は古い切手ですのでダメージ等はございますが、お値段しっかり付けてお買取りさせていただきました。状態によっては買取が難しい場合もありますが、弊社では古い切手・汚れがある切手なども査定させて頂きます。お気軽にお問合せください。

状態によっては買取が難しい場合もありますが、弊社では古い切手・汚れがある切手なども査定させて頂きます。お気軽にお問合せください。

菊切手とは

菊切手は、1899年(明治32年)に発行された普通切手です。その名のとおり、菊のデザインが大きく描かれています。明治時代に発行された他の切手に比べて流通していた期間が長く、1908年(明治41年)まで9年間にわたって発行されていました。

また、バリエーションが豊富なのも特徴で、5厘(1銭の1/2)から1円まで、全部で15種類あります。額面によって価値が異なり、特に「25銭」「50銭」「1円」は高価買取が期待できます。

菊切手の歴史

当時、日本は戦時中でした。日清戦争や日露戦争など、数々の戦争で勝利をおさめる中、菊切手が発行されたという経緯があります。そして多くの戦争に勝利したことから、日本の強さを示すデザインとして天皇家の象徴である菊の花が描かれ、「菊切手」と命名されました。

こうして誕生した菊切手ですが、1913年(大正2年)に贋作が発見されます。偶然にも郵便局員が早期に発見したため、贋作が市場に出回ることはありませんでした。また、これを機に偽造防止の取り組みが強化されたことから、後に発見されることもなかったようです。

この出来事は後の印刷技術に大きな影響を与える事件として取り上げられ、「菊切手偽造事件」と命名されました。切手印刷に使用する紙が、透かしのない白地のものから透かしのある毛筆用紙に変更されたのも、この事件がきっかけです。

地域別の買取実績

買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。