プライバシーマーク

冨士鹿切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【冨士鹿切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 冨士鹿切手

    「冨士鹿切手」を買取しました

    近くに切手買取店がないからとあきらめていませんか?切手買取の福ちゃんでは、近くに店舗がない方にもご利用いただける「出張買取」や「宅配買取」サービスもご用意しております!
    今回は静岡県浜松市池町のお住まいのお客様宅へ、切手の出張買取にお伺いしました。拝見すると「冨士鹿切手」などのプレミア切手がいくつかありました。冨士鹿切手は旧改色版と新改色版で価値が異なります。
    そのような買取ポイントも見極めも、切手買取の実績が豊富な福ちゃんでは得意にしています。切手の買取サービスご利用にあたり、買取手数料なども発生しませんので、安心してお任せください!

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    片づけをしていたら昔集めていた切手が出てきました。今の価値がどれくらいあるか知りたくて福ちゃんに買取を依頼しましたが、最近は切手ブームも過ぎ去ったようなことを聞いていましたし、中には保管状態が良くない切手もありましたので、買取価格はそれほど期待していませんでした。
    実際に査定してもらったところ、プレミア切手として今でも価値がある切手が存在したようで、思っていたよりもいい買取価格になりました。古いからといって捨てなくて良かったです。ありがとうございました。

「冨士鹿切手」はどんな切手?

図柄に富士山と鹿が採用されているため、富士鹿切手の名称として親しまれているのがこの富士鹿切手です。富士鹿切手は1922年~1937年の15年間発行されていた切手で、額面の種類は4銭、8銭、20銭の計3種類があります。

この富士鹿切手ですが、実は富士山と鹿の図柄が採用されたのには理由があるとされています。というのも、この富士鹿切手は国内向けではなく、国外向けとしてこの図柄が採用されました。
富士鹿切手が発行された1922年(大正11年)は日本で外国切手の郵便料金の変更が実施された年でした。そのため、日本を表徴する富士山と鹿の図柄が採用されたといわれています。

大正2年に起こった菊切手偽造の影響もあり、富士鹿切手でも偽造防止のため、白紙ではなく毛紙が採用されています。
また、旧改色版、新改色版によっても価値が異なります。旧改色版、新改色版には富士山にある影の大きさが微妙に違う点があり、その違いは並べて比べなければ分からないほどの些細なものとなっています。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)