プライバシーマーク

風景切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【風景切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 風景切手

    「風景切手」を買取しました

    香川県高松市生島町にお住まいのお客様より、「風景切手」などが入った切手アルバムを数点お買取しました。風景切手は国際郵便用の切手で、富士山、日光東照宮陽明門・名古屋城がデザインされた普通切手として有名ですね。1926年から1937年にかけて発行されました。田沢切手と同様、紙質が白紙から毛紙に変化しています。
    お近くに切手を買取している店舗がないとのことで、福ちゃんの宅配買取をご利用してくださいました。切手は郵便局で換金することはできません。お持ちの切手を現金化するなら、お気軽に切手買取の福ちゃんまでご相談・お問い合わせください。宅配買取なら、どこから送っていただいても送料は無料です!

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    昔集めていた切手を現金化したくなったのですが、近くに切手を高く売れるようなお店がありませんでした。インターネットを使って色々な切手買取店を探していたところ、福ちゃんのホームページを見て宅配買取のことを知りました。
    このような買取サービスを使うのは初めてで不安もありましたが、送料も査定料も無料なら試してみてもいいかなと思い、査定を依頼しました。送られてきた宅配キットに切手のアルバムを詰めて送るだけだったので、とても楽でしたね。

「風景切手」はどんな切手?

1926年~1937年にかけて発行された普通切手が風景切手です。丁度、大正から昭和に変わる年に発行された切手で、大正最後の普通切手でもあり、昭和最初の普通切手でもあります。
額面の種類は2銭、6銭、10銭の計3種類が発行されました。

風景切手の図柄には名古屋城、日光東照宮陽名門、そして富士山がデザインされています。風景切手にも、もちろん菊切手の偽造事件の影響により偽造防止の工夫が施されており、紙質は白紙から毛紙に変更されています。
また、これまで発行された普通切手(竜切手や菊切手など)は証票的な図柄の採用が多く見受けられましたが、風景切手が発行された時代からは建築物や風景のデザインが切手の図柄として数多く採用されることになりました。
普通切手にはなかった、横向きの切手も発行されるようになり、切手のバリエーションはどんどん増えていき、風景切手はこの後に発行される切手の先駆けという風に言われているそうです。

風景切手は竜切手と比べると一枚の価値が非常に高い訳ではありませんが、まとまった枚数があると、その分価値が見込める切手です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)