プライバシーマーク

第一次昭和切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【第一次昭和切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 第一次昭和切手

    「第一次昭和切手」を買取しました

    このたびは福ちゃんの出張買取をご利用いただき、ありがとうございました。神奈川県横浜市港北区のお客様より、「第一次昭和切手」など多数のプレミア切手をお買取させていただきました。
    昭和切手のうち、1937年から1941年までの5年間に発行された切手を「第一次昭和切手」と呼びます。日本各地の風景と神社仏閣を中心にデザインされているのが特徴ですね。
    他にも珍しい切手を多数お持ちでしたので、当方も楽しく査定させていただきました。福ちゃんでは大量の切手買取もお任せください!数が多い場合や、売れるかどうかわからない状態でも大丈夫です。「これ売れるかな?」と思ったら、まずはお気軽にご相談ください。

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    実家の倉庫整理をしていると大量の切手が見つかりました。どれだけ切手の価値があるかわかりませんでしたが、捨てるぐらいなら売ってしまおうということになりました。店舗まで持っていくのはかなり大変な量でしたので、自宅まで査定に来てくださったのは助かりました。
    手慣れた様子で思っていたよりも早く査定が終わりました。さすが専門スタッフの方だなと思いましたね。捨てることも考えていた切手が、10万円近いお金になりましたのでとても嬉しく思います。ありがとうございました。

「第一次昭和切手」はどんな切手?

第一次昭和切手は1937~1944年にかけて発行された普通切手になります。額面の種類は5厘~10円と種類が多く、5厘は朱印船、2銭は乃木氏、4銭は東郷氏の肖像画、14銭には春日大社、25銭には法隆寺のデザインが採用されるなど、額面ごとに様々なデザインが施されました。
額面やデザインの種類は前述の通り多いのですが、印刷方法も凹版や凸版があり、新第一次昭和切手や旧第一次昭和切手、さらにはコイル切手なるものが存在します。

実はこのコイル切手というのは1938年、つまり第一次昭和切手(乃木希典2銭)が日本で初めて発行されたコイル切手になります。
コイル切手というのは、コイル状もしくはロール状に巻いて販売されていた切手の事を指します。
自動化が進んだ日本では、切手の自動販売機や自動貼り付け機が誕生し、それに合わせて普通切手もそれ専用のコイル状のものが発行されたのです。

第一次昭和切手といってもこれだけ種類があるため、切手の価値が発行された年や印刷の技法によって様々になります。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)