日中国交正常化50周年84円切手(2種)とは

ここで紹介するのは「日中国交正常化50周年 84円 2種」です。2022年9月29日に発行された特殊切手で、両国の国交を象徴するパンダと日本と中国、それぞれの国を象徴する花(サクラと牡丹)が描かれています。

日中国交正常化50周年84円切手とは

日中国交正常化50周年84円切手の種類は2種で、これを5枚ずつまとめたシート切手として発売され、700万枚(70万シート)発行されました。なお、こちらはシート単位での販売となっているため、バラ売りなどは行われていません。

ちなみに日本では10年ごとの節目となる年に日中国交正常化記念切手を発行しています。

1982年の10周年記念には「梅と扶桑」「雲中天壇」の2種を、1992年の20周年記念には「色絵月梅図茶壷」と「唐三彩龍耳瓶」、2002年の30周年記念には「紫藤花」「源遠流長」、2012年の40周年記念には「サクラとボタン」を発行しています。

なお、今回の50周年については中国でも発行が検討されたようですが、残念ながら実現することはありませんでした。中国が国交正常化を祝う切手を発行したのは1992年の国交正常化20周年が最後だといわれており、このときは「」と「万里の長城」が図案に採用されました。

日中国交正常化50周年 84円 2種の特徴

日中国交正常化50周年84円切手

お伝えしたように、日本では日中国交正常化を祝う切手を、節目となる年の9月に発行しています。

そんな中、記念すべき50周年切手は中国と日本の国交の象徴でもあるパンダが描かれました。デザインは2種類で、2頭のパンダが笹の葉を食べている様子と、親子とみられるパンダ3頭がじゃれ合っている様子が描かれています。

愛くるしいパンダの姿を描いたのは、切手デザイナーの玉木明氏です。日本に8人しかいない切手デザイナーのひとりである玉木氏は『東日本大震災寄附金付切手』などのデザインも担当したデザイナーとして知られています。

ポップな可愛さに寄せ過ぎず、水墨画のようなタッチで描かれたパンダたちの表情はとても優しく生き生きとしており、『日中国交正常化50周年切手』は大勢のパンダファンからも高い評価を得ています。

切手の高価買取切手の高価買取
あの切手がいつの間にかプレミア切手に!ぜひ無料査定をご利用下さい

出張買取の予約がネットで完結!

ご訪問が可能な日時から希望日時を選択し、 ネット上で出張買取のご予約が完了できます!

もちろん出張費など一切発生しません!
完全無料で査定いたします!!

ネット予約の対応地域か確認する

ご予約後にお電話にてお客様情報の確認をさせていただく場合がございます。

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
< 前の記事「切手買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。