【電話回線 不具合のお知らせとお詫び】
詳しくは『電話回線 不具合のお知らせとお詫び』をご確認ください。

【 宅配買取サービスについて 】
5月は宅配買取サービスの受付を停止させていただきます。詳しくは『宅配買取サービス一時停止のお知らせ』をご覧ください。

【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

教育勅語50年切手買取ならお任せください!

記念切手買取

おかげさまで

買取実績
800万点突破

記念切手買取

記念切手売るなら
安心・丁寧・満足・納得の
「福ちゃんへ」

 

教育勅語50年切手とは?

教育勅語50年切手は、1940年に発行された切手です。

かつて日本が子どもの道徳の基本としていた「教育勅語」の規定から50年経ったことを記念し発行されました。
デザインは皇居の御座所を歩く人物が描かれた切手と、「忠孝」と書かれた切手の2種類です。

戦前に発行された切手の中でも特に発行数が多い記念切手であることから、希少価値はさほど高くありません。
しかし、状態のいい「美品」であれば高価買取が期待できます。

目次

教育勅語50年切手の歴史

教育勅語50年切手

そもそも「勅語」とは、天皇が国民に述べる言葉を指します。
教育勅語(正式名は「教育ニ関スル勅語」)」は明治憲法が発布された翌年1890年に発布されたもので、両親への忠孝の心、兄弟や友達と仲良くすること、学問を大切にすることなど教育の基本とする12項目が書かれています。

当時、文明開化が進んでかつての日本的思想が軽視されている状況を危惧した明治天皇が日本の教育方針を見直すために発布したとされていますが、「政府への反抗を防ぐために発行されたのではないか」とも考えられています

そんな教育勅語は、全体主義が確立された戦前の日本で重んじられていった歴史があり、1940年には発布から50周年を記念した切手が制作されることになりました。

教育勅語50年切手の種類

教育勅語50年切手

教育勅語50周年切手は、2銭と4銭の2種類です。

2銭は御座所の廊下を歩くふたりの人物が、4銭切手には「忠孝」という文字が描かれています。また2銭は紫の単色、4銭は緑の単色刷りとなっています。

ちなみに2銭切手に描かれているのは明治天皇に勅語の下賜を受けた直後の光景で、御座所の廊下を歩く2人は教育勅語が発布された際に総理大臣だった山縣有朋と当時の文部大臣・芳川顕正とされています。

描いたのは明治を代表する画家のひとりである安宅安五郎です。

おかげさまで
買取実績 800万点突破

教育勅語50年切手の買取なら
福ちゃんにお任せください!

切手は長期保存の難しいアイテムですが、美品であれば買取値段が上がる切手も存在しますので、切手に詳しい査定員の在籍する福ちゃんにお任せください

お客様に満足していただける買取になるよう従業員一同、力を入れて査定させていただきます。

キャンペーン開催中
【キャンペーン対象条件】
1. 期間中にお申込みいただいた方
2. ご訪問時に査定したお品物の査定額に対してご成約にいたった場合、下記条件に沿って買取金額アップ

① 買取金額の合計10,000円以上:当日の買取金額に対して5%UP

② 買取金額の合計20,000円以上:当日の買取金額に対して10%UP

店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外 他のキャンペーンとの併用は不可
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。