プライバシーマーク

田沢切手買取ならお任せください!

現在、サービスに関するお知らせはございません

【田沢切手】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 田沢切手

    「田沢切手」を買取しました

    奈良県奈良市朝日町のお客様より、福ちゃんのサイトから無料査定のお申込みをいただきました。以前、奥様が福ちゃんで着物買取を利用してくだったことがあり、そのご縁で切手をお買取させていただけることになりました。
    切手の数が多いため、ご自宅まで出張買取にお伺いしました。今回拝見させていただいた切手の中には、「田沢切手」などのプレミア切手もございましたのでしっかりとお値段をつけさせていただきました!
    田沢切手には「大正毛紙」と「昭和白紙」があり、田沢切手の価値は用紙や印刷方法などによっても異なりますが、福ちゃんではその見分け方もしっかり身につけた査定員が対応しますのでご安心ください!

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    切手収集家だった父から譲り受けた切手コレクションを売らせていただきました。田沢切手の昭和白紙25銭などのプレミア切手が多数含まれていたようですが、私には価格などはいっさいわからないので、今回の買取額を聞いたときは少し驚きましたね。
    ちゃんと切手アルバムの中に入れて保管してて良かったと思います。奈良まで出張に来ていただきましたが、それでも手数料は一切なし。これからもこの便利な買取サービスを使いたいと思います。

「田沢切手」はどんな切手?

普通切手の田沢切手が発行されたのは1913年~1937年の24年間です。
当時逓信省技官だった田沢昌言氏が考案したデザインが採用されたため、「田沢切手」という名称がついています。
実はこの田沢切手は日本で初めてデザインの公募が行われるきっかけとなった切手でした。当時西洋風のデザインが流行していたというのもあり、田沢氏のデザインした切手はそんな西洋風の図柄が取り入れられていたため、票が集まったとされています。

額面は様々なものがあり、一番低額面なもので5厘、高額な額面は1円までありバリエーションが豊富で、この額面により田沢切手の価値も様々なものがあります。
また、バリエーションに富んでいるのは額面だけではなく、使用している用紙や印刷の方法もことなり、大正白紙切手や昭和白紙切手などざっくり分けても6種類に分類することができるため、田沢切手にはさまざまな価格が付くようになっています。
発行枚数があるため、希少価値自体はあまりないものの、一般的に使用されていない額面はプレミア価格が付く場合があります。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)